TOPNEWS

2015年07月14日

被災者が語った「あって良かったもの」「便利だったもの」

 

東日本大震災以降、防災に対する意識が高まるとともに、防災グッズにも注目が集まっているが、身の回りにあるもので実際に役に立ったものにはどんなものがあるだろうか。
被災者が語った「あって良かったもの」「便利だったもの」とは…→ ranking


   
track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


濡れたものを入れておくのに便利だったのが、航空機内のエチケット袋だ。
「機内でもらった防水のエチケット袋を防災セットに入れておいた。濡れた物を入れるのに大活躍した」(Aさん・主婦)

寒さを凌ぐにはアルミシートが有用だ。
「避難所で床に敷く段ボールは支給されたものの、その上に横になると寒いし、背中も痛かった。隣の人が1枚くれて、暖かいし痛みも和らいで、その威力に驚いた」(Bさん・主婦)

意外とかさばるのがコップ。折りたたみ式のコップであれば、携帯しやすい。
「シリコン製でフラットにたため、持ち運びに便利。散歩中に被災し、ペットボトルの貴重な水をコップに空けて愛犬に分けたら夢中で飲んでいた」(Cさん・主婦)

貴重な水の浪費を防ぐには、ラップが効果的だ。
「水に不自由したので、お皿にラップをかけて食事。これなら食器洗いが不要に。けがをした時の包帯がわりにも使えた」(Dさん・ヘアメイク)

避難中とはいえ、歯磨きはしたいもの。そこで、歯磨きがわり&ストレス解消にガムを噛んでいたという。
「ポケットを探ったらガムが入っていた。2日歯も磨けなかったので、口の中がスッキリし、噛むことでたまっていたイライラもちょっと軽くなった」(Eさん・主婦)

全文はソースで
http://www.news-postseven.com/archives/20150713_334987.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【雑学の最新記事】
posted by makoto at 12:00 | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする