TOPNEWS

2015年06月03日

今井雅之はヤブ医者に当っていた!ガンを見逃したヤブ医者の誤診

    
54歳の若さで大腸がんで亡くなった俳優の今井雅之さん。
昨年の秋に体調を崩し、精密検査を受けた今井さんだが、その際に医者がガンを見逃していたことが明らかになった。
この時点で腫瘍を見つけていれば…
今井雅之さんのガンを見逃したヤブ医者の誤診→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


今井さんは昨秋、体調を崩し、精密検査を受けたところ、大きな腫瘍が見つかり「余命3日」と診断されて緊急手術を受けた。その後、ブログで回復したことを伝えていたが、今年4月21日に舞台『THE WINDS OF GOD』の降板を発表。同30日に記者会見を開き、末期の大腸がんで3月から入院していることを告白した。

その後も懸命に闘病を続けていたが、容態が急変し、帰らぬ人に。所属事務所はマスコミ各社にファックスで「弊社所属の俳優、今井雅之が、大腸癌であることを先日皆様にご報告させて頂き治療・リハビリに懸命に励んで参りましたが、容態急変にて5月28日(木)午前3時05分に都内病院にて逝去いたしました」と報告。葬儀は近親者のみの密葬の形で執り行い、後日「別れの会」を設ける意向だという。

そんな中、周囲で問題視されているのが、今井さんを最初に診た医師だ。週刊誌記者は「昨秋に体調不良を訴え、今井さんが病院に行くと、最初の医師は『たいしたことない。腸のカゼですよ』と診断していた。しかし、痛みは治まるどころか、日に日に悪化していく。そこでセカンドオピニオンで診てもらったところ、末期の大腸がんであることが判明したんです。自覚症状がある時点で、手遅れだった可能性が高いですが、最初の医師の段階で大腸がんと診断されていれば、今井さんが生前強く願っていた映画の撮影が始まる9月まで(命は)持ったかもしれません」と話す。

今井さんも雑誌のインタビューなどで「ヤブ医者に当たった」と語っていたという。こうしたことから、ネット上でも「ヤブ医者はどこの誰なのか?」と大捜査がスタート。都内の大病院から個人の診療所まで、複数の病院名が挙がっている。“犯人”を特定したところで、今井さんが浮かばれるわけではないが、セカンドオピニオンがいかに重要か、論じる必要はありそうだ。(日刊サイゾー)
http://news.livedoor.com/article/detail/10177371/

◆元AKB鬼頭桃菜・全裸セックス画像がネットで大量配布www(※フェラ、本番、3P画像大量)

◆出川哲朗が激怒しながら東野幸治の“クズっぷり”を暴露

◆伊藤綾子アナの性格が悪すぎる、2chが猛批判!秋田放送からフリーに転身する経緯が踏み台?

◆小島瑠璃子がお●ぱいチラチラさせながら激走www(乳揺れGIF動画あり)

[楽天市場]



★今井雅之の消したい過去ENTAMERANKING
★今井雅之の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 09:31 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする