TOPNEWS

2015年05月30日

正論だけど納得できない、厚切りジェイソンの「日本人おかしいよ」な主張

   
おなじみの「漢字ネタ」で人気の厚切りジェイソン。
日本人が当然と思っていることを、外国人ならではの視点でネタにする厚切りジェイソンだが、ネタではなく、本気で「日本人おかしいよ」という主張を紹介。
この主張が日本人には納得できないと部口を醸している。
正論だけど納得できない、厚切りジェイソンが見たおかしな日本→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


厚切りジェイソン「仕事を効率悪くやる人にご褒美をあげる残業制度がある限り日本企業はグローバルで勝てない」←正論すぎると話題に(http://netgeek.biz/archives/37142)

ジェイソン氏はIT企業の役員というもう一つの顔を持つ。それも名ばかり役員ではなく、1年飛び級して大学に入学し、大学院まで出ているという、知性と教養に裏打ちされた本物のビジネスマンである。で、彼のツイッターには、ビジネス上の悩みを相談するツイートが数多く投稿されるそうだ。そして、ジェイソン氏の回答が非常に的確な正論だということで話題になっているというのが文頭にリンクした記事である。

リンクした文章の表題にもなっている「仕事を効率悪くやる人にご褒美をあげる残業制度がある限り日本企業はグローバルで勝てない」という言葉については少しばかり異論を唱えたい。

この考え方、いかにもドラッカーとかR・コヴィーの本とかに出てきそうな考え方だ。「合理的」なビジネス建前論から言えば大正解だとは思うが、ここは日本であり、こうした説を唱えた人物が生まれ育った欧米とは少々事情が異なる。

日本ではまだまだ「勤勉刻苦」こそが尊いという風潮が根強い。効果効率を考えて、手早く済ませて遊びにいっちゃう奴よりは、コツコツと長時間働く奴の方が偉いという価値観が支配的なのだ。故に長く働いた人間にはその分だけ報酬を与えるという慣習がある一方で、効率よく仕事をこなし、定時で退社することにはさほど重きを置かないのだ。場合によっては自分の仕事を終えたからと言ってさっさと帰ってしまうのは「不謹慎」だなどと言われたりする。

最近は成果主義だとか裁量労働制などを採用する企業も出始めたが、労働時間の短縮やパフォーマンスの向上などといったポジティブな効果よりは、残業代の未払いや長時間労働の助長などに「悪用」されている例の方が多い。

ジェイソン氏ならば「成果の上がらない残業は論外だが、成果が出ているにもかかわらず、残業代も出ない企業はブラック企業なので、そんな会社はとっとと辞めて別の道に進むべきだ」と「正論」を唱えるところだろうが、そうそう簡単に辞められるもんじゃないし、辞めても次の道がすぐ見つかるような状況でもないのが今の日本。

転職がキャリアアップにつながることが「常識」の欧米とキャリアダウンに陥ることが多い日本の「常識」との差もある。成果こそが評価であり、賃金や昇進にダイレクトに結びつく、というシステムが日本に根付くにはまだまだ時間がかからざるを得ないように思う。
http://news.livedoor.com/article/detail/10162857/

◆元AKB鬼頭桃菜・全裸セックス画像がネットで大量配布www(※フェラ、本番、3P画像大量)

◆出川哲朗が激怒しながら東野幸治の“クズっぷり”を暴露

◆伊藤綾子アナの性格が悪すぎる、2chが猛批判!秋田放送からフリーに転身する経緯が踏み台?

◆小島瑠璃子がお●ぱいチラチラさせながら激走www(乳揺れGIF動画あり)

[楽天市場]



★厚切りジェイソンの消したい過去ENTAMERANKING
★厚切りジェイソンの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする