TOPNEWS

2015年05月29日

「小室哲哉に捨てられた」一方的に被害者ぶる華原朋美に批判の声!

   
小室ファミリーの代名詞としてヒット曲を連発した全盛期の華原朋美。
小室哲哉とはプライベートでも交際をしていたが、破局。
これをきっかけに情緒不安定になり、転がり落ちるような転落人生を歩むこととなった華原朋美だが、この小室哲哉との破局に関する華原朋美の発言に批判の声が噴出している。
批判殺到の華原朋美の問題の発言内容→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


20日、歌手の華原朋美(40)が羽田空港国際線の旅客ターミナルで同日発売の新曲「はじまりのうたが聴こえる」のイベントを開催した。この新曲は、作詞を華原が手がけ、作曲はかつて公私ともにパートナーであった小室哲哉(56)が担当したもの。2人が16年ぶりにタッグを組み話題性を狙っていることは明らかだ。

制作時のエピソードとして「『愛してる』とか『大好き』と書いちゃいけないワードが出てきた」「(小室との交際当時を振り返ると)気持ちが不安定になったりして、つらかったです」と明かした華原。最後には「結果的に私は(小室さんに)捨てられたけど、今となってはありがたく思います」「そういう経験があったからこそ、人生、思い通りにいかないこともあるって、前を向いていこう、と自分が歌で伝えていきたい」と語った。また、同日華原はTwitterで新曲リリースの告知をするとともに、自身のウエディングドレス姿の写真をアップしていた。

ネット上では「小室に思い入れあり過ぎ」「いつまでこのネタ引っ張るの」「ウエディングドレスとか本気で怖い」とドン引きの反応が続出。「これしかネタがないからでしょ」と一連の発言をあくまでもビジネスライクなものなのと断じる向きもあった。

小室との破局〜活動休止を経て音楽界に復帰してからというもの、テレビ番組でglobeの曲を熱唱したり、「『I’m proud』の頃に帰りたい」等と小室を意識した言動が目立つ華原。あまりに毎回“小室ネタ”を繰り出すので、復帰初期は華原に好意的だった視聴者もいい加減呆れている。歌手としての彼女のファンからは「歌はうまいのに残念」との声も。

そして「捨てられた」発言にはさすがに異論が噴出している。というのも、交際当時、2人は同棲していたが、華原は俳優の小橋賢児(35)や元彼との浮気疑惑を週刊誌にスクープされていたからだ。それゆえ「浮気してフラれたのに、捨てられただなんて被害者気取りはおかしい」「公の場でいつまでも小室さんを悪者にするのはひどい」「闘病中のKEIKO(小室の妻)への気遣いとかできないの?」と批判が上がっている。また、華原は小室と別れてから別の男性とも長く交際していたわけで、小室との恋愛関係ばかりいつまでも過剰にトーク利用するのは白々しい。

全盛期の栄光にすがりたいのかもしれないが、そろそろ過去から脱却すべきではないだろうか。ワイドショー向けのネタをいくら提供しても、曲の売れ行きに貢献はしないだろう。彼女が小室ファミリーになった時期からすでに20年が経とうとしている。
http://mess-y.com/archives/19836/2

◆元AKB鬼頭桃菜・全裸セックス画像がネットで大量配布www(※フェラ、本番、3P画像大量)

◆出川哲朗が激怒しながら東野幸治の“クズっぷり”を暴露

◆伊藤綾子アナの性格が悪すぎる、2chが猛批判!秋田放送からフリーに転身する経緯が踏み台?

◆小島瑠璃子がお●ぱいチラチラさせながら激走www(乳揺れGIF動画あり)

[楽天市場]



★華原朋美の消したい過去ENTAMERANKING
★華原朋美の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【か行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | か行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする