TOPNEWS

2015年05月26日

AKBの人気が衰えない意外な理由!スキャンダルも宣伝に変える逞しい商魂にマスコミも困惑!

    
AKB48の通算40枚目のシングル「僕たちは戦わない」が発売初日で147万枚を売上げ、9作目の「初日ミリオン」となった。
悪質なAKB商法や、相次ぐ元メンバーのAVデビューなどにもかかわらず、衰えない人気ぶりだが、AKBの人気が衰えない意外な理由が指摘されている。
AKBの人気が衰えない理由→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


AKB48の40枚目のシングル「僕たちは戦わない」(キングレコード)が、20日の発売初日で147万2,000枚を売り上げ、自身の持つ歴代最高の初日売り上げを更新した。
同シングルは、6月6日に開票イベントが行われる「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」の投票権付きで、 昨年の投票権付きシングル「ラブラドール・レトリバー」(同)で樹立した初日売り上げ146万2,000枚を上回った。

AKBのシングル初日ミリオンは通算9作目。音楽関係者は「AKB商法の代名詞。そのことは全国民がわかっているはずなのに、 それでもこれだけの売り上げを叩き出す。『すごい!』としか言いようがない」と脱帽する。

シングル発売と同日に行われた選抜総選挙の速報結果では、指原莉乃(HKT48)が3万8,151票を集め、1位を獲得。
「これだけでも、普通の歌手なら大ヒットのレベル」とは別の音楽関係者。

AKB人気が衰えない理由は、ネット上での真偽不明のウワサやバッシングすらも「話題作り」「宣伝」と考えているからだ。

例えば、昨年物議を醸した乃木坂46・松村沙友理と集英社社員との禁断の不倫スキャンダルでも「誰もがグループ全体のイメージダウンにつながると見られていたが、結果を見ると違う。あれで『乃木坂46』の知名度は一気に上がり、結果的にシングルの売り上げやイベントの動員人数が増えた」(関係者)という。

数々の爆弾スキャンダルの後、スタッフが「いや〜、いい宣伝になったよ」と笑う光景は何度も目撃されている。

「スキャンダルをプラスに持っていこうと、常に考えているからでしょうね。
AKBの爆弾スキャンダルは決まって『週刊文春』(文藝春秋)が報じていますが、結果を見ると『文春ともグルなんじゃないか?』と勘繰ってしまうほどです」とはスポーツ紙記者。

スキャンダルを報じても、それが話題作りになってしまうとしたら、報じた側は意気消沈するしかない。もはや、完全無視するしか手はないようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/10140711/

◆元AKB鬼頭桃菜・全裸セックス画像がネットで大量配布www(※フェラ、本番、3P画像大量)

◆出川哲朗が激怒しながら東野幸治の“クズっぷり”を暴露

◆伊藤綾子アナの性格が悪すぎる、2chが猛批判!秋田放送からフリーに転身する経緯が踏み台?

◆小島瑠璃子がお●ぱいチラチラさせながら激走www(乳揺れGIF動画あり)

[楽天市場]



★指原莉乃の消したい過去ENTAMERANKING
★AKB解散の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票


【AKBグループの最新記事】
posted by makoto at 08:27 | AKBグループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする