TOPNEWS

2015年05月20日

浅田真央、疑惑の現役続行宣言の裏で語られなかった「裏の事情」

    
休養宣言からわずか1年で現役続行を発表したフィギアスケートの浅田真央。
しかしこの現役続行宣言に疑問の声が上がっている。
浅田真央にとっては不利なルール改正がされた上、若手やロシア勢の台頭で浅田真央が勝てる可能性は極めて低い状況。
そんな中で現役続行を決意した背景にはこんな裏事情が…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


現在、関係者の注目は浅田の“復帰”以上に“スポンサー探し”だという。
今年3月に中京大を卒業した浅田の所属先スポンサーとなれば、年間3億から5億円ものお金が動く。すでにいくつかのスポンサーが取り沙汰されているらしいが、問題はそこからだ。

「週女」にはこんな興味深い広告代理店関係者のコメントが掲載されている。
「休養中に仕事のオファーが思ったほどこなかったんです。(略)今年3月からスタートした冠番組は、TBSラジオの『浅田真央のにっぽんスマイル』ぐらい。事務所としては、かなり肩すかしだった。現役を引退したら、さらにオファーが減ってしまう危険性もありますからね」

確かに浅田の人気は休養宣言以降、急速に低くなったとみられているのだ。いわば「現役続行」のウラには浅田の人気低迷、それによって生じる収入減の焦りがあった指摘したのだ。さらに連盟も浅田の集客力、お金を期待し現役続行を期待していると指摘する。

「現役続行」と言わざるを得ないさまざまな周囲の状況があったと「週女」は記しているのだが、記事はあくまで“会見前”に書かれたもの。だが、実際の会見を見ても確かに浅田の言葉は微妙に曖昧なのだ。実際、多くのマスコミがはしゃぐように「現役続行」などとは一言も言っていない。

例えば「100%復帰するつもりでやっている」と言う言葉をもってマスコミは「現役続行を表明」などと報じているが、浅田が言ったのは「復帰します」ではなくあくまで復帰する「つもり」なのだ。また「去年のレベルまで戻すことを“目標”にしたい」と、これもあくまで“目標”に過ぎない。現役としての試合出場にしても、「うまくいけば試合に出られるかもしれないし、出られないこともある」と曖昧だし、復帰戦はいつか?  との質問に「わからないです」「試合については何も決まっていない」とも答えている。そして肝心の2018年開催の平昌五輪については「考えていない」と断言までしているのだ。

さらに浅田は同日のブログで「試合に出ますと断言する事は出来ません。(もし試合に出る事が決定したら)自分から報告させて頂きます」と記してもいる。結局は「練習はしているが、今後は何もわからない」と言っているに過ぎないのだ。

そもそも18日の会見は7月からスタートする浅田主演のアイスショーの発表会見で本来は進退に関するものではない。浅田サイドはマスコミの盛り上がる進退報道を利用して、アイスショーを盛り上げようという思惑さえあったのではないか。話題の進退を曖昧に引き延ばし、アイスショーの成功を目論む――。

そうした周囲の戦略に浅田も立派に応えたといえる。なんとも取れる曖昧な質疑応答会見を立派にこなし、まんまとマスコミに「現役続行」と報道させる。
浅田真央24歳。世間に揉まれて、すっかり“大人”になったようだ。(サイゾーウーマン)
http://www.cyzowoman.com/2015/05/post_16070.html

◆元AKBでAV転向の鬼頭桃菜・早くもエロ動画キャプがネットに流出!

◆在日8.6秒バズーカ、とうとうテレビ業界から干される!極度の反日症がバレて半年持たずに完全終了

◆与沢翼の車がひき逃げ!ツイッターで情報錯そう!

◆AVに転向した元AKBの悲惨な末路…

[楽天市場]



★浅田真央の消したい過去ENTAMERANKING
★浅田舞の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする