TOPNEWS

2015年03月17日

大塚愛が「デマ」をツイートで大炎上!不用意な発言に怒りの声が殺到!

   
大塚愛のツイートが大きな波紋を呼んでいる。
東日本大震災から丸4年を迎えた3月11日に福島原発の放射能被害に関するツイートをした大塚愛だが、その内容に「不用意な発言でデマを拡散している」と怒りの声が集中している。
批判殺到の大塚愛の問題のツイート→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「4年の月日が経って、薄れていく記憶とは反比例に募る放射能による子供への影響の不安。未だに食品には不安が多く、神経質に過ごす毎日には、起こった出来事の大きさを少しも忘れることはありません」とツイート。
「これからも月日が経ってわかることがでてくることと向き合わなきゃいけない未来が来たときに、子供たちを守れることは何か、考えて行動しなきゃいけない。守りたい」と続けた。

このツイートに対して、
「お歌の世界の立ち位置では、言いにくいことを、あえて呟いてくださってありがとうございます」
「あたしも食品にはめちゃくちゃ気ぃ遣います、、」
など最初こそ好意的な感想が寄せられたものの、すぐに厳しい指摘が相次ぐ。

「あなたの知名度から、不用意な発言がデマを拡散させる事になることを自覚しなさい」
「4年もたったいま、こんな活動家じみた発言で福島県死ね死ねを振りまく人間性には呆れますね」
十分な理由や根拠を示さずに大塚さんが「未だに食品には不安が多く」といった断定的な発言をしたことに対して「不安をあおる」といった反発が相次いでいるようだ。

実際は、今では福島の食事からは放射性物質はほぼ検出されていないと言ってもいい。生活協同組合コープふくしまが14年7月から15年2月にかけ、県内の100家庭の食事を陰膳方式(編注:一般家庭で調理された食事と同じものを検査し、栄養素や化学物質の総量を推定する調査)で測定。100家庭すべてで福島県産の食材も使用されていたが、どの家庭からも検出限界値の「1キログラムあたり1ベクレル」のセシウムは検出されなかった。この調査は、コープふくしまが15年3月7日に結果をウェブサイトで公開している。

厚生労働省が定めている食品に含まれる放射性セシウムの基準値は、一般食品の場合で1キログラムあたり100ベクレル。福島で出されている食事は、この基準値を大幅に下回っていることになり、福島県産食材は安全と言ってもおかしくない状態だ。

15年3月16日午後になっても、大塚さんは寄せられた指摘に未だ答えていない。(J−CASTニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/9894286/

◆【画像あり】後藤真希ブログで脱いだ!これが最新の身体!「ウエスト超細い!」「セクシー過ぎ!」

◆「イクぅ、イクぅー!」→イカセないをとことんループさせたら女の子はどうなるのか

◆【画像】相川七瀬の現在wwwww

◆武井咲が剛力彩芽との上戸彩後継者争いに敗れた理由

[楽天市場]



★大塚愛の消したい過去ENTAMERANKING
★大塚愛の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 08:30 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする