TOPNEWS

2015年03月06日

懲りない江角マキコ!転校先でもママ友トラブル勃発に呆れ声!

   
対立するママ友だった長島一茂邸の壁に落書きするなど、ママ友トラブルで大ひんしゅくを浴びた江角マキコ。
落書き騒動では謝罪も表明した江角マキコだが、転校先の学校でも新たなトラブルを起こしていたことが明らかになった。
江角マキコが起こした新たなママ友トラブル→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


女優の江角マキコが、謝罪コメントを最後にブログの更新を停止してから、半年が経とうとしている。
江角は昨年7月、“ママ友”からイジメを受けていた過去をブログで告白。これに、江角の長女が当時通っていた青山学院初等部の保護者はじめ関係者が週刊誌で反論。さらに、別の週刊誌が同年8月下旬、江角の元マネジャーによる長嶋一茂宅への“落書き”容疑を報じ、江角は謝罪文を発表した。

騒動前は、7月だけで178回、8月にも90回と、人気ブロガーをも凌ぐ更新頻度をみせていた江角だが、騒動を境に更新がぱったり。再開の時期をうかがっているのか、公開したまま放置されている。

「ブログ休止前には、“いいママ”アピールや、自身のビキニ姿を投稿するなど、話題づくりに余念がなかった。イジメ体験の告白も、芸能ニュースに取り上げられるための話題づくりだったともっぱら。江角がブログを開設しているアメブロでは、1,000ページビューにつき30円が支払われるともいわれていますが、当時の江角がアクセス稼ぎに必死だったのは明白。騒動時には野次馬が殺到し、ブログだけで100万円以上の収入があったそうですが、現在は10分の1程度にまで落ち込んでいるようです」(芸能記者)

そんな中、3日発売の「女性自身」(光文社)が、新たに発覚した“ママ友トラブル”について報じている。昨年の騒動が原因で、長女をインターナショナルスクールに転校させた江角だが、記事によれば、江角は早くも新しい学校の方針に注文をつけた上、クラス行事でも口を挟むように。その結果、ママたちから反発され、送り迎え時などに孤立しているという。

「新たな火種が投下されたことで、江角はまたブログ再開の目途が立たなくなってしまった。現在、3本のレギュラー番組を抱える江角ですが、減ることはあっても、新たな仕事が増える可能性はきわめて低い。CM契約も消滅した彼女にとっては、大きな収入源であるブログをいち早く再開させたいところでしょう」(同)

騒動以降、本業であるはずの女優活動も見受けられない江角。ブログの再開も、今の状況ではまだ先になりそうだ。(日刊サイゾー)
http://www.cyzo.com/2015/03/post_20878_2.html

◆能年玲奈「この写真、恥ずかしい…」⇒その画像がこちら

◆【激エ□注意】 無修正ハメ撮りが流出した福岡のアイドル

◆さまぁ〜ず三村マサカズとヒロミの共演NG確執理由

◆【衝撃】篠田麻里子、園子温監督作主演で全裸ヌ●ド・初濡れ場

[楽天市場]



★江角マキコの消したい過去ENTAMERANKING
★江角マキコの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 08:00 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする