TOPNEWS

2015年02月28日

柴咲コウの知られざる壮絶過去

   
高視聴率を記録している「○○妻」
東山紀之と契約結婚している妻と言う謎めいた設定の柴咲コウだが、現実でもミステリアスな魅力を漂わせている。
その柴咲コウの知られざる壮絶過去が話題になっている。
柴咲コウの壮絶な過去→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「○○妻」第6話では、柴咲演じる妻は、育児放棄によって子どもを死なせた過去を持つことが暴露された。
犯罪歴が公になってしまったら、ニュースキャスターの夫が間違いなく降板させられる。
それを恐れて届けを出さないで、契約というかたちで夫婦を続けていたのだ。

そんな役柄と同じくミステリアスな面を持つ柴咲。本名は非公開だし家族やデビュー前のエピソードについて、あまり多くは語られていない。
柴咲のデビュー時をよく知る人物N氏が、その秘められた過去について語る。

「幸恵ちゃん(柴咲の本名:山村幸恵)は、中学時代に地元・池袋(東京)を歩いているところを今の事務所にスカウトされました。
その時は受験や父親の反対もあって事務所には断りを入れていました。
高校に入ってから一転、本格的に芸能活動をスタートしたのですが、それにはのっぴきならない理由があったのです。
なぜなら、末期ガンで入院していた母親の治療費を稼ぐためだったのです」

柴咲の父親は北海道旭川出身、母親も北海道の礼文島出身ということは、自らライブなどで話している。
「幸恵ちゃん自身も、幼少期は礼文島で育っていましたが、島での暮らしは決して楽ではなく、家族3人で上京してきたそうです。
芸能活動は、最初はモデルの仕事が中心でした。月に入るお金は6〜7万円くらいでしたが、そのすべてを母親の入院費に充てていました。
親孝行な娘ですよ」(N氏)

これまで多くの男性と熱愛報道が流れ、女優業では颯爽と今風の女性を演じている柴咲だが、そんな苦労を重ねてきた一面もあるのだ。
しかし柴咲の願いも虚しく、母親は2001年に他界してしまった。
 
浮き沈みの激しい芸能界だが、デビュー以来15年以上も人気をキープし続けている柴咲。
最近では都内の一等地に白亜の豪邸を建て、父親も住まわせているという。
彼女のベールに包まれた過去が、女優業においてもはかりしれない深い魅力を引き出しているのだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150224-00010006-bjournal-ent

◆【画像あり】小島瑠璃子、遂に温泉入浴!⇒しかも混浴、男の前でデカパイむぎゅwww

◆上村遼太君殺害現場が犯人グループに荒されてとんでもない事に

◆新垣結衣がジャニーズからの共演NGが大歓迎な理由

◆前田敦子、ワンオク・Takaらと“日帰りバス釣り”目撃談!佐藤健の紹介で急接近?

◆この乳の触り方は童貞で間違いないと思う

[楽天市場]



★柴咲コウの消したい過去ENTAMERANKING
★柴咲コウの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【さ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | さ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする