TOPNEWS

2015年02月09日

小向美奈子がハマったシャブSEXの泥沼!トップグラドルを地獄に落としたシャブセックスの快楽とは…

    
覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕をされた小向美奈子。
2009年には執行猶予付きながら有罪判決も受けている小向美奈子だが、どうやら更生はいまだにできていないようだ。
そんな小向美奈子が覚せい剤から抜けられない理由が「シャブセックスの快楽」だという。
小向美奈子がハマったシャブSEXの泥沼→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


関東信越厚生局麻薬取締部が6日朝、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕したAV女優でタレントの小向美奈子容疑者(29)。クスリ絡みで3度目の逮捕となった同容疑者は昨年10月、夕刊フジの単独インタビューで「男がやたらとシャブをやらせたがった」などと、恋人の影響でクスリを始めたと告白していた。落ちたアイドルが溺れたシャブセックスの泥沼とは−。

昨年10月には、歌手のASKA元被告(56)の愛人で、覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた栩内香澄美被告(37)=控訴中=の公判に姿を現していた。
公判前の取材で、小向容疑者は「罪を認めて人生をやり直せばいい」と栩内被告にアドバイスを送りつつ、“白い粉”に手を出すキッカケになった交際相手の存在を告白していた。

「付き合って1カ月目くらいに彼氏が注射器でシャブを打っている場面を目撃した」とし、「おまえもやってみるか?」と誘われたという。
「1回やってからは、男がやたらとシャブをやらせたがった」とも話し、覚醒剤を使ったシャブセックスも「仕方なく受け入れるようになった」と振り返っていた。

小向容疑者に限らず、過去に薬物スキャンダルに見舞われた女性芸能人には必ずといっていいほど、オトコの影がつきまとう。
違法薬物事情に詳しい芸能関係者は「覚醒剤をセックス目的で使う乱用者は多い。男の場合は、長時間行為に没頭できるようになる半面、量によっては不能になることがあるが、女は感度が格段に上がる」という。

覚醒剤は所持も使用も違法である。強い依存性で一度手を出せば、廃人にまで転落しかねない。小向容疑者は“魔力”から逃れられなかったのか。(ZAKZAK)
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150207/enn1502071700016-n2.htm

◆このAV女優の初体験の相手・・・ヒエッ。そら精神ぶっ壊れますわ・・・

【驚愕】タレントの妹が枕営業強要された結果・・・・・

◆清原和博、緊急入院!入院の原因が…

◆譜久村聖ちゃんヌ●ドのお知らせ来たあああ

[楽天市場]



★小向美奈子の消したい過去ENTAMERANKING
★小向美奈子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【か行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | か行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする