TOPNEWS

2014年12月01日

実は恐ろしい紅白の舞台裏!大物芸能人も恐れる紅白の絶対的タブー!

    
今年で65回目を迎えるNHK紅白歌合戦。
国民的音楽番組として長年、親しまれてきた紅白だが、実は恐ろしいその舞台裏が話題になっている。
大物芸能人も恐れる紅白の絶対的タブー→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「紅白歌合戦の台本は電話帳ほどの厚さがあります。通常、民放の音楽番組では、オープニングトークなどはセリフとして書かれていますが、それ以外の部分の司会者と歌手のトークは箇条書きしてある程度です。たとえば『2014年はどんな1年だったか?』とか『武道館ライブの感想は?』などです。しかし、紅白はこれらを一語一句セリフにしてあります」(テレビ番組放送作家)

一語一句とは驚きだが、どれだけ詳細に書かれているのだろうか。
「司会者の質問がセリフになっているだけではなく、歌手側の回答や、それを聞いた司会者のリアクション、さらにはこのトークを聞いていた審査員のコメントなども一語一句、台本に書かれています。これをそっくりそのまま話せば生放送時間に収まるように作られていますが、話すスピードが変われば時間も変わりますので、事前に緻密なリハーサルを行い、想定された時間でトークが終わるようにしているんです。頷きや笑う仕草なども書かれている場合がありますから、音楽番組でありながら、ある意味では生放送ドラマのようなものですね」(同・テレビ番組放送作家)

NHKには台本を変えられたくない独自の事情もあるという。
「NHKでは、固有名詞は言えません。また、正しい日本語を使用しなければならないのです。そのため、少しぐらいならいいだろうと思って台本を勝手に変えてしまうと、NHKとしては相応しくない発言に繋がる恐れがあるんです。日本を“ニホン”と読むか“ニッポン”と読むかなども厳格に決まっているのがNHKなので、この風潮は仕方がないのです」(同・テレビ番組放送作家)

ここまでのガチガチに固めているとなれば、逆に気になるのが“過去の紅白で台本を無視した人は居ないのか”という点だ。

「台本重視の紅白に抵抗しようと模索する歌手もいるようですが、台本を無視してしまうと本人も事務所も注意を受けますし、場合によっては危険人物ということで他の番組も含めてNHKから声がかからなくなる恐れがあります。そのため、皆さんおとなしいですよ」(同・テレビ番組放送作家)

やはり皆、NHKの仕事は失いたくないようだ。だが、1人だけ例外もいたという。
「でも、紅白の舞台において台本を無視した人は1人だけいます。2007年の白組司会を務めた笑福亭鶴瓶さんです。アドリブを入れることを出演の条件にしていたようですが、NHK側が想定していた以上にアドリブが多く、現場はザワついたみたいですね。でも、鶴瓶さんはその後もNHKに出ているので、お咎めはなかったようです。ただし、あくまでも鶴瓶さんだからであって、若い歌手などが行えば、結果は違うでしょうね」(同・テレビ番組放送作家)(TOCANA)
http://tocana.jp/2014/11/post_5287_entry_2.html

◆元AKB城田理加のAVデビュー本番画像が流出!いきなり3Pまでやってるぞwww

◆ルパン三世の裏設定ヤバすぎだろ・・・

◆外れ助っ人外国人のエピソードwwwwww

◆ブラマヨ吉田の人生を狂わせた道具

吉高由里子UWAKI

吉高由里子UWAKI
価格:1,543円(税込、送料別)

[楽天市場]



★吉高由里子の消したい過去ENTAMERANKING
★紅白歌合戦の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:53 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする