TOPNEWS

2014年11月30日

松嶋菜々子が「ミタ」脚本家の結婚披露宴に出席拒否!二人の関係をこじらせた「ある事件」とは…

   
「家政婦のミタ」など、数々のヒットドラマを手掛けてきた人気脚本家の遊川和彦氏。
その遊川氏の結婚披露宴が11月中旬に行われ、柴咲コウや菅野美穂、相武紗季らそうそうたる女優陣が出席する中、「ミタ」でコンビを組んだ松嶋菜々子が出席を拒否。
最後まで姿を現さなかった。
その背景には「ある事件」の影響が…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


11月中旬、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)など、数々の話題ドラマを手がけてきた脚本家の遊川和彦氏(59才)の結婚披露パーティーが行われた。会場には柴咲コウや黒木美富、天海祐希、菅野美穂、相武紗季ら、そうそうたる女優陣が集ったが、松嶋菜々子(41才)は、とうとう最後まで姿を現さなかった。

ふたりの出会いは『GTO』。松嶋は同ドラマで共演した反町隆史(40才)と結婚し、2人の娘(10才と6才)の母となった。
「松嶋さんはその後、遊川さんが手がけた『魔女の条件』(TBS系)にも出演しており、彼との信頼関係はかなり深いものでした。だから『ミタ』のオファーがあったときも、遊川さんの名前を聞いて即OK。打ち合わせが進んでいくうちに、細かいドラマの内容を知ったという状況だったんですよ」(テレビ局関係者)

原作本ありきの脚本が主流となっている昨今のドラマ業界で、遊川氏はオリジナルにこだわってきた。それゆえ、旧知の仲である松嶋の決断力に感銘を受けた。当時のことを遊川氏は新聞のインタビューでこう話していた。

《松嶋さんは企画書だけで出演を決意してくれた。放送枠がいいからとか、(原作が売れている)勝ち馬に乗るという人が多い中、松嶋さんは違った》

放送が始まると話題が話題を呼び、視聴率は右肩上がり。
「承知しました」は流行語となり、最終回では視聴率40%を記録した。それゆえ、最終回直後、すぐさま続編の話が浮上した。

「映画化やスペシャルドラマなど、いろんな企画を松嶋さんに提案しました。しかしすべて却下。もちろんギャラや撮影日程など、すべて松嶋さん側の条件に沿うといった異例の譲歩もあったんですが、結局、松嶋さんの“承知しました”は聞けなかったそうです」(芸能関係者)
そしてこの一件から松嶋と遊川氏の絆は崩壊していった。(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20141127_289179.html

◆【衝撃画像】桐谷美玲、全裸に新聞紙一枚、路上に…まるでレ●プされた様な姿…

◆日本人の94%が間違える問題

◆【悲惨】加藤茶がいよいよヤバい!財産狙いの嫁の思惑通りに…【画像あり】

◆セフレの命令で腰振りながら旦那に電話するGカップ人妻

[楽天市場]



★松嶋菜々子の消したい過去ENTAMERANKING
★松嶋菜々子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【ま行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 08:00 | ま行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする