TOPNEWS

2014年10月22日

続々AVデビュー!アイドルとAV女優の境界線と悪質すぎる騙しの手口!

    
先日のフライデーに掲載された「モー娘。第6期メンバーオーディション1位AV出演SEXヘアヌード」という記事が波紋を呼んでいる。
先日AVデビューした「元モー娘」が第6期オーディションのファン投票で1位に選出された嶋田歩だと報道したのだ。
嶋田歩に限らず、最近では「元AKB」や「元アイドル」が続々とAVデビューしているが、その背景にはこんな裏事情が…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


続々とAVデビューしている「元アイドル」たち。
こうした肩書きで売り出されるAV女優は、今後爆発的に増えていくという。

「元モー娘」嶋田歩のセックスシーンgazouranking
「元モー娘」嶋田歩のセックスシーン→ dougaranking
「元モー娘」嶋田歩のセックスシーン→ geinoureading

というのも、たとえば昨年も元AKB48研究生の高松恵理が橘梨紗としてAVデビューを飾ったが、AKBグループだけでも脱退者を含めた総計は千人規模。そして、グループアイドル戦国時代のいま、女性アイドルの数は地方アイドルもカウントすれば、数万人に下らないと思われる。元アイドルという肩書きの強さを考えると、AV業界が彼女たちに目を光らせないわけがない。

しかも、アイドルになるのとAV女優になるのは、じつは紙一重のケースも多い。原宿でアイドルとしてスカウトされたものの、その実態はAVのスカウトだった……というのは、よくある話。これと同じように、アイドルとして売り出されたものの事務所が着エロなどのキワドイ仕事ばかりを入れ、最終的にAV出演を説得されることも、じつはよくある話である。

さらに、多くのアイドルたちが置かれている状況が「厳しい」ことも、AV転身に拍車をかけるだろう。前述の“幻のモー娘。”である美波がAV転身を決意したきっかけを、「FRIDAY」で彼女の知人はこのように語っている。
「彼女は子どもの頃からアイドルに憧れていて、有名人になりたいという気持ちが人一倍強く、『モー娘。』以外のオーディションなども数多く受けてきました。でも、なかなか知名度を得るには至らなかったんです。そこで、今回、最後のチャンスとして、AV出演を決意したんだと思います」

AV女優だった飯島愛が深夜のバラエティ番組で人気を博し、一躍有名タレント、作家にまで駆け上がったことで、「AV→タレント」の道が切り拓かれた。その路線は現在も継承され、AV出身のみひろは、女優としてNHKの大河ドラマ『龍馬伝』に出演するまでにいたった。美波のように、アイドルとして芽が出ないことに悩む女の子たちが、その肩書きを武器にしてAVに一縷の望みをかけることは、想像に難しくない。

「AKBよりAV女優のほうがかわいい」などとよく言われるが、そもそもアイドルとAVの境界線自体がもはや無意味ともいえる。アイドルからAV女優になることを転落のように語ること自体が、古くさいのかもしれない。元アイドルがAVに出ることがなんの驚きでもない、アイドルとAVを自由に行き来する。そんな時代が来るのかもしれない。(リテラ)
http://lite-ra.com/2014/10/post-563_2.html

★乳房もあらわに…栗山千明、20代最後の限界露出

★ブラック企業大賞2014「ヤマダ電機」問題がマスコミで報道されない理由

★これが芸能界整形美人ベスト11

★【画像あり】AKB川栄李奈に激似のA●がそっくりすぎると話題に

[楽天市場]



★大島優子の消したい過去ENTAMERANKING
★元モー娘AVデビューの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする