TOPNEWS

2014年10月04日

江角マキコが堕ちたママ友地獄の恐怖の実態

    
ブログでのいじめ告白以降、次から次へ予想外の展開を見せている江角マキコの“ママ友”問題。自分がいじめられていたと告白した途端、別のママ友から「いじめは江角のほう」との反撃を食らい、さらに追い打ちをかけるかのように「週刊文春」で長嶋一茂邸への落書き事件への関与が報じられる始末。
しかしこの背景にはママ友特有の「ママカースト」の地獄があるという。
江角マキコも堕ちた「ママ友カースト」の恐怖の実態→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「そもそも江角が仕切りたがり屋だったことで、当初は仲良しだった長嶋一茂妻を中心とするグループから仲間外れにされたようです。しかしそのいじめは本当にくだらないもの。江角がいると近寄らない、無視する、陰口をたたく──。しかも青学は著名人の子息も多く通い“掟”やら“ママカースト”といった差別や区別が激しい。子どもたちの両親や祖父母の“出自”“ステイタス”が大きな幅を利かせる世界で、地方出身者も差別の対象となるようです。江角は島根出身”成り上がり“ですからそのことでもパージの対象となった」(週刊誌記者)

部外者から見れば、双方どっちもどっちで、そんなことで差別?いじめ?とただただ驚くばかりだが、ママカーストは摩訶不思議、魑魅魍魎の世界であるらしい。
『ママの世界はいつも戦争』(杉浦由美子/ベストセラーズ)には、そんな恐怖のママ友ワールドが描かれている。
本書によるとママ友の間では「ベビーカー」はお互いの“家の経済事情”を推し量るツールだという。どういうことかというと、一般的に大きく重いベビーカーは乗り心地がよく、押しやすく、そして値段が高い。
「重たいベビーカーを使えるのは、ベビーカーを持ち上げる必要がない人たち、つまり、エレベーター完備のタワーマンションに住むママたちです」

さらに理解しがたい嫉妬も。
「裕福な男性と離婚して、月に20万円の養育費をもらっているシングルマザー」は「らでぃっしゅぼーやの野菜宅配を頼んでいたら、ある日、宅配BOXに泥が塗られていた」というのだ。
 これは「母子家庭が高価な有機野菜の宅配を頼むなんて許せない、と感じた誰かがやった嫌がらせ」だったという。“格下”が偉そうなことをするな、というメッセージ──。

江角や長嶋妻が子どもを通わせる名門青学は、著名人やセレブが多く、そのためママ差別も激しい。親や祖父母の職業出自、住居、車、服装、出身地といった様々な要因で区別され、差別されていく。こうした環境の中、女優として成功した地方出身の江角は、その気性も相まって他のママにとっては目障り的存在だったことは想像に難くない。

ブログで告白したことが発端で、その後メディアを巻き込んだ大騒動、情報戦の様相さえ呈している今回のママ友いじめ事件。“つぶやいた”江角にとっては大きな代償となってしまったことだけは確かだ。(リテラ)
http://lite-ra.com/2014/09/post-432_3.html

◆誰もが知る有名芸能人の緊急AVデビュー、遂に「性交」シーンが公開!

◆矢部美穂が実の母親と共演!婚約者に交互に抱かれるふしだらな母娘!!

◆【陸上】福島千里のサインがかわいい

◆脱いで得した芸能人 損した芸能人

◆【御嶽山噴火】 噴火1分前にツイッターに投稿した女性の現在がヤバイ事になってる・・・

[楽天市場]



★江角マキコの消したい過去ENTAMERANKING
★江角マキコの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする