TOPNEWS

2014年09月18日

報ステ敏腕ディレクターが自殺!謎の死の裏に「連続不審死事件」との深い接点が浮上!

   
テレビ朝日の「報道ステーション」の敏腕ディレクターとして活躍していた岩路真樹さんが自宅で自殺しているのが発見された。
岩路さんは生前、東京電力福島第一原発事故の取材に心血を注いでいたことから「大きな権力によって消されたのではないか」との憶測も流れ、一時は騒然となったが、岩路さんの自殺の背景に別の「連続不審死事件」とのつながりが浮上している。
岩路さんの謎の死と「連続不審死事件」の深い接点とは…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


8月30日、テレビ朝日の番組『報道ステーション』のディレクター、岩路真樹さんの遺体が自宅で発見された(享年49歳)。
親しい人物は「最も彼の死を嘆いているのは拘置所にいる上田さんではないか?」と、鳥取連続不審死事件の上田美由紀被告(2審死刑判決で上告中)の名を挙げた。

岩路さんは同番組の敏腕ディレクターとして、福島県内に住む子供の甲状腺がんの割合について特集を組んだり、原発事故で翻弄される被災者を継続的に取材していた。また、岩路さんの死を「“反原発”ディレクター衝撃の自殺!」という見出しで取り上げた9月9日発売予定の写真週刊誌「フラッシュ」が、発行元の光文社が理由を明かさぬまま販売中止としたことから、輪を掛けたように他殺説の噂が広がっていった。

知人によると、岩路さんのライフワークは冤罪事件取材。
鳥取連続不審死事件もその一つだった。

「マスコミの捜査情報垂れ流し、犯人報道が冤罪事件を作り上げてきた。上田さん(前述の美由紀被告)の一件も危険な臭いがする」。
岩路さんは知人に対してこんなメールを送っていた。
同知人によると、1審で完全黙秘を貫いた上田被告だったが、こうした岩路さんの熱意が通じ、次第に心を開いていったという。福島の被災地取材で忙殺される岩路さんだったが、折をみて拘置所を訪れ、足を運べない時は手紙を出して、上田被告と信頼関係を築いていったという。

「実は昨年12月の控訴審までに、岩路さんは上田被告の告白本を大手出版社から出そうと動いていた。しかし上田被告の弁護人が大反対し、岩路さんと対立関係に陥ってしまった。岩路さんは弁護方針に立腹していた」(週刊誌記者)

2審で上田被告は一転して口を開き、反論を展開した。一方で新証拠を出すことはなく「岩路さんは『どうしても証言だけでは(無罪を)証明できない部分がある。説明がつかない』と、もどかしい気持ちをこぼしていた」(同)という。

冤罪を信じて事件を追求していた敏腕ディレクターの訃報は、閉ざされた空間で最後の審判を待つ、上田被告に届いたのだろうか――。
http://news.livedoor.com/article/detail/9259751/

◆テレ朝でとてつもなく気持ち悪い番組が10月スタート・・・・・・

◆板野友美、彼氏(EXILE)とツーショットを間違えて公開⇒削除するも炎上www

◆【速報】有名芸能人avデビューの正体判明キタ―――(●∀●)―――― !!!(画像あり)

◆【画像あり】熊谷アナの爆裂ボインwwwwwwwwww

◆江角マキコ、過去の最悪の画像が流出!(画像あり)

[楽天市場]



★古舘伊知郎の消したい過去ENTAMERANKING
★古舘伊知郎の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 17:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする