TOPNEWS

2014年09月15日

江角マキコのスキャンダルをライバル事務所が後押し!「ポスト江角」を狙う腹黒い駆け引き!

   
ママ友いじめ騒動が泥沼化している江角マキコ。
対立していた長島一茂の自宅に落書きをしたことが明らかになり、窮地に立たされている。
当初はいじめ被害者として同情の声が上がっていたものの、ここに来てバッシングの声が殺到。
その背景には「ポスト江角」を巡るライバル事務所の思惑が…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


“ショムニ女優”江角マキコの株が下落し続けている。江角といえば、2児の母でありながら抜群のプロポーションを誇り、ズバッと言い切る物言いはお茶の間にも好評を博していた。
それが、一連の“ママ友問題”で窮地に……。とりわけシャレにならなかったのは、「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“バカ息子報道”だ。

これは、長嶋一茂の息子と同じ学校に通う江角の娘がイジメに遭い、その報復に江角が当時のマネジャーに、長嶋邸の壁に「バカ息子」と落書きさせたとされる件。
業界からも、江角を擁護する声は皆無だ。江角は今年3月に大手芸能プロ「研音」を辞め、独立。表向きは円満退社ということになっているが「ワガママな江角さんに事務所が業を煮やしたというのが、本当のところ」(芸能プロ幹部)。

これが事実ならば、事務所側がいなくなった人間を守る義理はない。江角が仕事を失えば、同じ年代の女優を多く抱える研音としても、しめたもの。前出代理店関係者は「江角さんが降板した瞬間、その座を奪おうと事務所が猛烈営業をかけることは確実」と話す。

ほかの芸能プロダクションも黙っていない。
「言い方は悪いですが、負傷した江角さんが倒れるのを待っている状態。ある大手芸能プロの幹部なんか、御用マスコミの前で『江角の件はもっとやるべき』『誰も守らないからガンガンやっていいぞ』と進言していたくらいですから(笑)」(週刊誌記者)
弱肉強食の芸能界。ポスト江角をめぐり、早くも水面下ではバトルが繰り広げられているようだ。(日刊サイゾー)
http://news.livedoor.com/article/detail/9237662/

◆深田恭子が映画でフルヌード披露へ!「あのむちむちおっぱいが遂に!」「全裸キタコレ!」

◆【画像あり】コンビニ土下座事件→主犯格の女の子ちゃん可愛すぎワロタwwww

◆AV女優の悲惨な生活

◆壇蜜がハァハァどころじゃない!生お●ぱい揉まれフ●ラしてる過激画像

[楽天市場]



★江角マキコの消したい過去ENTAMERANKING
★江角マキコの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする