TOPNEWS

2014年06月20日

なぜ!?MayJがここまで嫌われる理由


「関ジャニの仕分け∞」の「下剋上カラオケサバイバル」で一気に知名度を上げたMayJ。
圧倒的な歌唱力で今や「カバーの女王」とも評判の彼女だが、ネット上ではMayJに批判的な意見が多い。
MayJが嫌われている理由とは…→ ranking

[楽天市場]

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


May J.といえば、『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)内の人気コーナー「下克上カラオケサバイバル」に出演したことで一気に知名度を上げ、小田和正(66)や竹内まりや(59)、宇多田ヒカル(31)らトップアーティストの人気曲をカバーしたアルバムも大ヒットを記録した。

今や「カバーの女王」とも言われるMayJだが、同時に「歌はうまいけど感情がこもっていない」「他人の持ち歌ばっかり歌ってる」という批判的な声が目立つ事態に。加えて、今回『Let It Go〜ありのままで〜』を歌ったことで、「便乗感ハンパない」とアンチがさらに増殖してしまった印象がある。

すっかり嫌われ者になってしまったMay.Jだが、昨今の音楽業界では第三者のヒット曲をカバーすることがひとつの表現として浸透しており、彼女以外にもカバーアルバムを発表しているアーティストは多く存在している。

カバーアーティストは自己流アレンジを加えて既存のヒット曲を歌っているだけという解釈をされることも多いため、未だに世間からは「人のふんどしで相撲をとるな」と揶揄されることがある。皆平等であるべきという精神が強い日本人らしい意見とも言えるだろう。

そんな国民性の日本において、May.Jのようなヒット曲のカバーを全面に出すアーティストが好まれないのは当然かもしれない。圧倒的な歌唱力があることは確かなのだが、方向性によってアンチを生みやすい彼女。日本にカバー文化が根付いていれば、もう少し違った状況だったかもしれないが……。(MESSY

◆【流出画像】巨乳モデル全裸流出!衝撃のリベンジポルノ

◆リプニツカヤちゃん「露天風呂でフルヌード」キタ━━━━━━(●∀●)━━━━━━━━!(※画像あり※)

◆安田大サーカスのクロちゃんの裏の顔がヤバい

◆【画像】倉科カナとかいう「よゐこ濱口にイジリ尽くされた女」の肉体


[楽天市場]



★MayJの消したい過去ENTAMERANKING
★MayJの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする