TOPNEWS

2014年06月05日

楽しんごが自殺未遂!暴行事件で追い詰められていた!

    
「ラブ注入」で大ブレイクしたものの、最近では元マネージャー男性へのいじめや暴行が報じられ、芸能活動を自粛している楽しんご。
その楽しんごが暴行事件後に追い詰められて自殺未遂を起こしていたと言う。
楽しんご暴行事件直後の自殺未遂騒動→ ranking

芸人風呂/楽しんご ラブ注入風呂

track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



おネエキャラとしてのブレーク後、暴行疑惑で芸能活動を自粛していた芸人の楽(たの)しんご(35)が、久しぶりに姿を見せた。
5月中旬のある夜、渋谷のパーティールームには、青い蝶ネクタイをつけた楽しんごの姿が。
100人規模の会場を盛り上げながら、握手や写真撮影に丁寧に応じていた。

昨年8月、元付き人男性への暴行疑惑が報じられ、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから厳重注意処分を受けた楽しんご。活動自粛を余儀なくされていたが、この日ご機嫌だったのにはワケがある。

「その日は、4月にオープンしたしんごちゃんの店舗のお祝いパーティーでした。暴行騒動の後、しんごちゃんは自殺未遂をするほど落ち込んでいましたが、少しずつ前向きになっています」(美容業界関係者)

4月2日、赤坂に整体院「優(やさ)しんご」をオープン。さらに同月中旬には、目黒の閑静な住宅街にプライベートサロン「Mid love・SHINGO」をオープンさせた。

楽しんごは、これまでも整体院「癒(いや)しんご」や焼き肉店「美味(おい)しんご」などを経営していたが、すべて閉店に追い込まれている。

「しんごちゃんは、良くも悪くもその時間だけを生きている人。過剰サービスのあまり、利益が出ず閉店させてしまうこともありました。ですが、暴行疑惑を『身から出たサビだった』と反省して再起を図っています。この騒動で成長しました」(芸能事務所関係者

◆人気女子アナにAV出演発覚!「ホクロの位置も完全一致」※検証画像あり

◆”クスリ芸能人”一網打尽キタ━━

◆井上和香の乳出しキス愛撫映像がエ口すぎww

◆ASKAの嫁が離婚を言い出せない理由が残念すぎ

◆芸能界のタブー
【書籍】楽しんごと一緒に学ぶセルフ整体&マッサージ



★楽しんごの消したい過去ENTAMERANKING
★楽しんごの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票


【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 09:22 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。