TOPNEWS

2014年05月10日

タモリが暴露したテレフォンショッキングの裏側!いままで語られなかったタブーがついに…

    
惜しまれながらも番組を終了した笑っていいとも。
いいともと言えば名物コーナー「テレフォンショッキング」が思い浮かぶが、このテレフォンショッキングの舞台裏がタモリの口から明かされた。
ついに明かされたテレフォンショッキングのタブー→ ranking

爆笑!ものまねチャンネル(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



生放送中にその日のゲストが友人に電話をかけて出演依頼をするのがお決まりだったが、タモリさんは週刊誌の対談で「さすがにそう、うまくはいきません」と「友達紹介」の内実を打ち明けた。

タモリさんが登場したのは2013年12月25日発売の「週刊文春」だ。タレントの阿川佐和子さんが同誌で連載している対談コーナーの1000回目のゲストとして招かれた。6ページにわたり、デビュー当時のことや、「いいとも!」の思い出話、今後の過ごし方などについて語る中で、「テレフォンショッキング」に触れた。

現在ではタモリさんが翌日のゲストを紹介するシンプルな形式をとっているが、2012年4月ごろまでは、一貫してその日のゲストによる友人紹介だった。生電話での出演依頼がおなじみで、「明日来てくれるかな?」「いいとも!」の掛け合いは、番組のハイライトでもあった。

ところが対談の中で、阿川さんは自身の出演経験から「あれって最初の頃は本当にいきなり友達に電話してたんですか?」と、「建前」と矛盾するいささか大胆な質問を投げた。すると、タモリさんは「さすがにそう、うまくはいきません(笑)」と返し、生電話が演出にすぎないことを自ら明かした。

さらに阿川さんは、出演した際には次につなげる友人を2、30人挙げるよう頼まれ、必死で絞り出したと振り返る。
つまり「友人紹介」は、ゲストと何らかのつながりがある著名人を、スタッフが本人の意見を参考に声をかけ、予定の合う人物にアポ取りを済ましていたというわけだ。

ただし、このアポ取りも大変で、タモリさんは「ずっと長年、スケジュール調整を担当しているスタッフがいるんだけど、候補が20人いても30人いても全部だめということが再三あったみたいですね」と、スタッフ陣の苦労を語った。なお、出演の連絡から出演当日までは「1週間弱」程度しかなかったそうで、「明日」ではなかったものの、「友人紹介」はスタッフの奔走なしでは短時間で実現し得なかったことが分かる。
http://news.livedoor.com/article/detail/8383964/
◆【アイドル生命崩壊】ももクロ着替え盗撮画像流出!桃尻もハッキリと映って…(画像あり)

◆ついにあの女優が今夏にもAVデビュー!!!

◆遂に公開!小保方さんの実験ノートが女子力高すぎる件

◆【超衝撃】オウムの麻原の性生活がヤバすぎるwww

◆芸能界 アブナイ噂の真相
タモリさんの成功術/内藤誼人



★タモリの消したい過去ENTAMERANKING
★タモリの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする