TOPNEWS

2014年04月22日

矢田亜希子を苦しめる押尾学の呪縛

    
清純なイメージで人気を誇っていた女優の矢田亜希子。
しかし押尾学との結婚、さらにはその押尾学が薬物逮捕されたことで矢田亜希子のイメージもヨゴレ果ててしまった。
その後、押尾学とは離婚し、清純イメージを取り戻そうと必死の矢田亜希子だが、いまだに押尾学の呪縛に苦しみ続けていると言う。
矢田亜希子を苦しめる押尾学の呪縛→ ranking

僕の生きる道 DVD-BOX(DVD) ◆22%OFF!

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



来年1月9日にスタートする新ドラマ『慰謝料弁護士〜あなたの涙、お金に変えましょう〜』に女優の矢田亜希子(35)がレギュラー出演することが発表された。
タイトル通り、離婚がテーマのドラマに矢田が出演するとなれば、当然ながら2009年に元夫で現在服役中である押尾学(35)と離婚したことが思い出される。しかし、ドラマの撮影現場はそういった過去に一切触れられないほどのピリピリとしたムードが漂っていると、東京スポーツが報じている。

矢田といえば、かつてはドラマやバラエティなどに多数出演し、清楚なイメージで大人気の女優だった。しかし、押尾との離婚後はテレビで見る機会がグッと減り、最近ではメディアに出るたびにネット上では「劣化してる」「こんなに老けて、押尾で苦労したんだな」という声が聞こえてくるようになった。また、昨年『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の人気コーナー『テレフォンショッキング』に出演した際、矢田は翌日のゲストに女優の大竹しのぶを指名したが、「初めまして」と挨拶。交流のある人物を翌日の出演者として紹介するというコーナーの長年のルールを覆したとして話題になった。

「ドラマ名に”離婚”を匂わすものに矢田がキャスティングされたこと自体が話題なわけで、変に周囲が気をつかい過ぎているのかもしれませんね。矢田がもう少し現場の空気を読んで、積極的に離婚について語ればいいのでしょうが、『いいとも』の件でも分かるように、少し“天然”のようなところもありますしね…。さらに、元ヤンという話が本当ならば、怖くて言えないという可能性も(笑)」(芸能ライター)

押尾の逮捕、そして離婚からどうもパッとしない時期が長引いている矢田。
確かに押尾の逮捕は世間に強烈なインパクトを与え、当時妻であった彼女に対しても冷たい声が聞かれることがあった。しかし、離婚から4年が経ってもいまだに“押尾の呪縛から逃れられない”ような彼女の姿は、松嶋奈々子主演の大ヒットドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で松嶋の後輩でちゃっかり者のCAを演じていた頃や、『僕の生きる道』(フジテレビ系)でがんになった恋人を一途に思い続ける健気なヒロインを熱演した彼女を知っている視聴者とすればとても不憫であり、残念で仕方ないだろう。

持ち前の透明感溢れる魅力で、かつては各種好感度ランキングの常連であった矢田は、これまでのドラマ出演のキャリアから見ても女優としてのポテンシャルは決して低いわけではないはずだ。今回のドラマで、離婚を経験した女の吹っ切れた演技を見せてほしい。(メンズサイゾー
◆【衝撃の事実】朝ドラ女優・吉高由里子がB地区丸見え刺青セックスしていた過去(画像あり)

◆【超衝撃】小保方大逆転きたああああああああ

◆あの上原亜衣がセクロス演技出来ない程イクとこうなるww

◆舞台女優になることが夢のロリ巨乳劇団員(18)がAV出演

◆芸能界暗黒史
De Mi Corazon−矢田亜希子写真集



★矢田亜希子の消したい過去ENTAMERANKING
★矢田亜希子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする