TOPNEWS

2014年04月10日

木村拓哉「HERO2」決断の裏にある堺雅人との深刻な確執

    
これまでタブーと言われてきた、木村拓哉主演の伝説のドラマ「HERO」の続編製作。
ついにそのタブーを破り、「HERO2」の制作が発表されたのだが、この背景には木村拓哉と堺雅人の深刻な確執があるという。
HERO2の裏にある、木村拓哉と堺雅人の深刻な確執とは…→ ranking

木村拓哉31歳の肖像

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



フジテレビ7月クールの月9『HERO2』で主演する木村拓哉。言わずと知れた全話30%超えのお化けドラマの続編となるが、これまで頑なに拒んでいた続編モノをやるきっかけとなったのには、やはりあの男の存在があった。

「やっぱり、堺雅人さんの存在でしょうね。『半沢直樹』の後の『安堂ロイド』があそこまでコケなければ、この続編の話もなかったはずです。SMAPの担当マネジャーである飯島女史が、撮影中から『HERO2』の話をしてたくらいですからね。ただ、これは彼にとって最大のヒット作だけに、もし数字が取れなかったらと考えると、諸刃の剣でもありますよ」(TBS関係者)

キムタクと堺雅人といえば、2005年のフジテレビ月9『エンジン』で共演し、11年にはTBS系の『南極大陸』、今でもトヨタ自動車のCMで共演するなど、知らない仲ではないが、実はその『南極大陸』で一悶着あって以来、お互いギクシャクした関係になったという。当時、現場にいたスタッフによると、

「撮影以外でも全員で集まってワイワイやるタイプの木村さんが堺さんに『こっち来いよ』と言っても、堺さんは『僕はいいです』と、ひとりで本を読むという姿勢を崩さなかったんです。それが気に入らなかったんでしょうね。撮影中以外は、ほとんど話をしてませんでした。『エンジン』のときは自分が遥か上の立場にいたはずが、『南極』のときには追い付かれて、今は逆転されてるというのは、負けず嫌いの木村さんとしては相当、悔しいでしょうね」

3月15・16日に放送された鳴りモノ入りのスペシャルドラマ『宮本武蔵』も、視聴率は第1話が14.2%、第2話が12.6%と惨敗。“元祖・視聴率男”は、最後の切り札で“倍返し”なるか――。(日刊サイゾー
◆Mステ出演禁止歌手一覧

◆騙されたと思って低い声で「ひじき食う」って言ってみろwwww

◆【Gカップ】 TBSの新人女子アナ・宇垣美里が可愛すぎる

◆「笑っていいとも!」放送事故ベスト5

◆お笑い芸人史上最強ウラ話
Beautiful Life3



★木村拓哉の消したい過去ENTAMERANKING
★木村拓哉の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする