TOPNEWS

2014年03月23日

タモリ下積み時代の壮絶伝説

   
笑っていいともの終了で今後の去就が注目されているタモリ。
そんなタモリの下積み時代の壮絶な伝説が話題になっている。
タモリ下積み時代の壮絶伝説→ ranking

爆笑!ものまねチャンネル(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



タモリが福岡でジャズピアニストの山下洋輔と出会い、東京に呼ばれて芸を披露したのが、新宿コマ劇場の裏にあった小さなバー『ジャックの豆の木』。ここには様々な文化人や業界人が集まっており、その面子は山下のほか、筒井康隆、赤塚不二夫、高平哲郎など、そうそうたる顔ぶれだった。

タモリは赤塚宅に居候しながら、夜な夜なこのバーに通い、デビューのきっかけとなる密室芸に磨きをかけていったが、当時の口癖が「連日そりゃあもう大騒ぎさ」だったことからも、彼らのパワフルなお酒の飲み方は想像可能。仲間内で作り上げたハナモゲラ語で会話するのは当たり前、赤塚不二夫に至っては、半裸でロウソクを垂らして悶えてみたり……といったこともあったそうだ。

そんな密室の馬鹿騒ぎが世間を巻き込んだのが、「全日本冷し中華愛好会」(全冷中)だ。山下洋輔が「なぜ冷し中華は冬に喰えないのか!」と理不尽に怒り、それに賛同する常連たちにより結成されたこの会は、最終的に2000人以上も集めた『第1回冷し中華祭り』にまで発展。馬鹿なことを本気でやる笑い(ハナモゲラ文化)は、すべてこの『ジャックの豆の木』で生まれ、醸成された文化だった。

その後『ジャックの豆の木』は閉店してしまったが、ここでタモリは後のタレント活動に繋がる人脈と、“恐怖の密室芸人”というキャラクターを確立した。下積みがないと言われている彼にとって、この1年が唯一の下積み的な時期といえるかもしれないが、本人によれば「俺の人生で最も楽しかった時期」だそうだ。(文中敬称略)
http://news.livedoor.com/article/detail/8354292/
◆浅田真央のそっくりさんのAXがなかなかソックリ
◆【TVエ□キャプ】女性タレントたちに口内射精した気持ちになれる夢の画像
◆俺「乳触っていい?」女友達「いいよー」 → 衝撃的結果
◆佐々木希のヤンキー時代の画像。男とツーショットのイケイケ写真も・・・
◆芸能界暗黒史
タモリさんの成功術/内藤誼人



★タモリの消したい過去ENTAMERANKING
★タモリの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする