TOPNEWS

2014年03月12日

真木よう子と尾野真千子の壮絶すぎる女の戦い!ライバル意識むき出しの壮絶バトル!

   
3月7日に開かれた第37回日本アカデミー賞授賞式。
その中で特に注目されたのが主演女優賞。
受賞したのは真木よう子だったが、この受賞を巡り真木よう子と尾野真千子の女のバトルが勃発。
ライバル意識を剝き出しにした争いになっていると言う。
真木よう子と尾野真千子の壮絶な女の戦い→ ranking

週刊真木よう子 ひなかの金魚(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



「まさか真木が主演と助演のダブル受賞とは……。正直、想定外の結果でした」(映画誌ライター)
7日に開かれた「第37回日本アカデミー賞」の授賞式。映画人にとっては名実ともに国内最高峰の晴れ舞台だが、賞レースは多くの関係者の予想を裏切る結果となった。真木よう子(31)が最優秀主演女優賞(「さよなら渓谷」)、最優秀助演女優賞(「そして父になる」)の2冠をゲット。女優賞を総ナメにしたのだ。

実に大竹しのぶ以来、35年ぶり2人目の快挙。これだけなら「ドエライことだ」で終わる話だが、今回は違う。真木以外にも主演と助演の両方にノミネートされていた女優がもうひとりいたからだ。尾野真千子(32)。「そして父になる」で主演、「探偵はBARにいる2」で助演である。

「主演と助演の両方にノミネートされるケースはまれ。少なくとも平成に入ってからは初めてで、真木と尾野の一騎打ちだけに、“分け合い受賞”が大方の予想でした」(映画関係者)
今回は実質、真木VS.尾野のマッチレースだっただけに、波紋が広がっている。

この日は衣装も対照的。上下黒のスーツでマニッシュなスタイルで登場した真木に対し、尾野は胸元と背中にスリットの入ったセクシーな白いロングドレスで登場。笑顔の真木とは白黒くっきり決着をつけられ無冠に終わった尾野の心境たるや……である。
平成を代表する2大女優のバトル。ゴングは鳴ったばかりだ。(ゲンダイネット
◆日本アカデミー賞で尾野真千子がドレスからおっぱいチラ
◆仲間にレ○プさせた黒木瞳の娘の現在
◆水樹たまがこれAXかよってぐらいお●ぱい揉まれまくってる
◆修学旅行生の部屋でAVを流し発情させて…
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
週刊真木よう子 景色のキレイなトコに行こう(DVD)



★真木よう子の消したい過去ENTAMERANKING
★尾野真千子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする