TOPNEWS

2014年01月27日

喜多嶋舞の過激な夜遊びの実態と父親最有力候補「F」の存在が明らかに

   
泥沼化の様相を呈している喜多嶋舞と大沢樹生長男のDNA鑑定問題。
大沢樹生の「父親確率0%」という衝撃的な鑑定結果で本当の父親に注目が集まっている。
そんな中、新たな父親候補「F」の存在が浮上、さらに喜多嶋舞の過激すぎる夜遊びの実態も明らかになり、再び騒動が過熱している。
喜多嶋舞の過激な夜遊びの実態と父親候補「F」の正体→ ranking

人が人を愛することのどうしようもなさ 【今だけ!期間限定プライスオフ!!】(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



結婚生活約9年で破綻した女優・喜多嶋舞(41)と俳優・大沢樹生(44)の17歳になる長男の父親探しが加熱している。事の発端は、再婚した大沢の妻に、新しい子どもが宿ったが、未熟児で生まれ、亡くなってしまったことだった。

「自分に欠陥があるかもしれない」と思った大沢は、昨年2月、「自分に似ていないということもあった」という長男と連れ立って、DNA鑑定を受けることにした。出された判定は“実父の可能性0”という結果。この話が、「週刊女性」(主婦と生活社)に漏れてしまったこと、さらに大沢自身がこれを認めたことで、大騒動に発展したのだ。

大沢と喜多嶋は、1988年放送のドラマで出会った。この時、喜多嶋は16歳、8年間の長き交際の果てに、「授かり婚」という形でゴールインした。
しかし、当時の喜多嶋の夜遊びの実態は、マスコミ界隈では有名な話。東京・六本木のクラブで、男性を連れ歩いての豪遊。自分で履いてきたハイヒールに酒を注ぎ、男性たちに回し飲みさせる。その姿は、まるで“SMの女王様”だったようだ。その頃の仲間に、うわさになった俳優の奥田瑛二らがいたが、実際に業界内で父親として名前が挙がっているのは、まったく別の人物だ。

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終審査にも残ったイケメンのFさん。もちろん、喜多嶋の言うように、長男の父親は「大沢」かもしれないが、業界的にはFさんが父親の最有力候補である。今、彼は、週刊誌の次なる取材先のターゲットとなっているのだ。
長男の精神面に配慮する必要はあるが、ここまで大きくなった騒動を止めるのは、もはや、再鑑定するしかないのかもしれない。ぐずぐずしていると、この男性の名前も登場してしまう。いち早く決着をつけないと、いろいろなところに飛び火することになる。果たして、泥沼化した実父探しの行方はいかに――。(サイゾーウーマン
◆超人気番組”もっと温泉に行こう!”で何か見えたぁ━━(゚∀゚)━━!!
◆田中将大の嫁・里田まいを見た全米の反応ヤバすぎww
◆【奥菜恵】ヌ●ドになっても全く話題にならず・・・
◆【虚言?】楽しんごが「恐喝女」を実名告発
◆お笑い芸人史上最強ウラ話
昨夜未明、大沢樹生が死にました…



★喜多嶋舞の消したい過去ENTAMERANKING
★喜多嶋舞の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする