TOPNEWS

2014年01月14日

性格悪すぎ!奇跡のモノマネ青木隆治に研ナオコが激怒で番組放映中止に!

   
「奇跡のモノマネ」と絶賛され、一時期はバラエティで大活躍した青木隆治。
しかし最近はまったくテレビで姿を見ることがなくなった。
その理由を探るべく、青木隆治に「金スマ」が密着取材したのだが、青木隆治が所属している事務所社長の妻でもある研ナオコが取材中の青木隆治の態度に大激怒。
番組は放送されることなく、この企画は消えてしまった。
研ナオコを激怒させた青木隆治の態度とは…→ ranking

研ナオコ/夏をあきらめて

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
1月10日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』新春SP(TBS系)によるとモノマネから軸足を移し、本業の歌手としてメジャーデビューを果たすも全くCDが売れなかった青木隆治に、番組は密着取材を行っていた。
「なぜ彼の歌は売れないのか」をテーマに、3か月前から始まった企画だったという。

現在青木が所属している芸能事務所は、歌手・研ナオコの夫が代表を務めている。その縁から研ナオコも協力の上で、この人気番組に出演するチャンスを生かし、この企画を何としても成功させたかったはずである。

歌唱力もあり端正なルックスで、モノマネで得た知名度もある。だが歌手としては鳴かず飛ばず。研ナオコによると青木の歌の最大の欠点は、「心ではなく技術で歌っている」ところだという。番組で流されたVTRは課題曲を与えられた青木が、スタジオで何度も何度も歌う場面から始まった。
「詩を大事にして」と研ナオコからマンツーマンで厳しい指導を受けるも、「もう限界かな」と弱音を吐く青木。そしてレッスン開始から1時間が経過した頃、近くにいた番組スタッフに「どんだけ(撮影)やりたいんですか?」「どれくらい欲しいんですか?」と尋ねた。その言葉に思わずスタッフは、「そういう計算でロケしてないから」とムッとして返答した。青木のこの言葉を別室で聞いていた研ナオコが激怒、番組側にも「本人に頑張りたいという思いが無いなら」と判断され、この企画は終了になってしまったのだ。

研ナオコがもうひとつ青木のことで危惧していた点は、「周りのスタッフに対して感謝の心が少ない」ということであった。今回も“良い映像を撮ってもらえるように頑張りますから、よろしくお願いします”という謙虚さがあれば、前述のような言葉は出てこないだろうと彼女は怒りを抑えながら話した。

過去にもものまね界の大御所コロッケが「いくら歌が上手くても、挨拶やお礼も言えないような人間は相手にされないよ。」と当時、ものまね番組に出始めた青木にアドバイスしていたのだ。
30歳を超えてもまた同じ指摘を受け、窮地に立たされている青木。どうやら簡単に改善できる問題ではなさそうである。
http://japan.techinsight.jp/2014/01/kinsuma_kennaoko_aokiryuuji1401121707.html
◆ランク王国で手ブラ入浴キタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━━━ !!!!!
◆元巨人・辻内崇伸の嫁こずえの胸すげえええ!!何カップだよww
◆橋下徹市長、新成人にブチ切れwwwww
◆衝撃のセ◯クス画像流出。美人モデルが裏でこんな事を…
◆芸能界暗黒史
研ナオコ/ボサノバ



★青木隆治の消したい過去ENTAMERANKING
★青木隆治の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする