TOPNEWS

2014年01月12日

チェッカーズの再結成を阻む藤井フミヤと高杢禎彦の「10年戦争」

   
かつてスーパーアイドルグループとして一世を風靡したチェッカーズ。
メンバー同士の固い結束で知られるチェッカーズだが、解散後は一度も再結成は実現していない。
その背景には藤井フミヤと高杢禎彦の「10年戦争」と呼ばれる泥沼の確執が…→ ranking

藤井フミヤ/Stay with me

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



藤井フミヤと高杢禎彦の確執を決定的にしたのが2003年に発売された高杢禎彦の著書『チェッカーズ』(新潮社)で、メンバー間に大きな亀裂が入ってしまった。
「解散に至る経緯などが綴られていたが、あの本を読む限り、藤井フミヤはまるで“銭ゲバ”。あの本が出て以来、フミヤ・尚之兄弟ら4人のフミヤ派と、高杢と鶴久政治の高杢派に分裂。04年8月にドラムのクロベエこと徳永善也さんが亡くなった際、ファンも駆けつけた葬儀に当たる『送る会』ではフミヤ派と高杢派が別々にマスコミの取材に対応するなど、最後まで6人が一緒に並ぶことはなく、深すぎる確執をうかがわせた。天国の徳永さんも悲しんでいたに違いない」(「送る会」を取材した記者)

その「送る会」から9年が経過したが、「女性セブン」(小学館)1月9日・16日号ではフミヤがチェッカーズの再結成について前向きであると捉えることができる発言をしたと報じられている。同誌によると、フミヤはこのところソロツアーでチェッカーズの曲を歌うようになり、昨年9月21日のツアー初日では「おれたちが東京に出てきた時、高杢とかあんな風貌だったから、年齢サバ読んだんじゃないかって言われたし」と発言。高杢の名前が出たことで、会場のファンがザワついたという。

高杢の著書が発売される前は、フミヤはほかのメンバーよりも高杢と仲がよかったこともあり、ファンの間では再結成の期待が日に日に高まっているようだが、関係者に聞けば、実際にはその可能性は限りなくゼロに近いようだ。

「著書の件だけでもフミヤは激怒していたが、当時、高杢はメディアの取材を受けまくり、『フミヤには愛人がいる』『アイツは浮気している』などと大放言。張り込んだ週刊誌もあったが、まったくそういった事実はなかったようで、周辺からそのことを聞かされたフミヤは『そこまでやるか……』と、怒りを通り越してあきれ返っていたようだ。トークのネタにはしても、もう高杢の顔は見たくもないだろう」(音楽関係者)

著書発売以来の“10年戦争”だが、しかるべき人物が間に入るなど周囲の尽力がなければ、終結させることは難しそうだ。(日刊サイゾー
◆年末年始テレビに映ったエッチなシーン124枚
◆NMBってスカート短すぎだろwwwwこれスタッフ絶対中見えてるよね・・・
◆NHK教育番組に出てる現役JKがくそエ口いビキニwww
◆紗栄子、セミヌ●ド写真集発売でAmazonレビューが炎上w(画像あり)
◆お笑い芸人史上最強ウラ話
Thrill up / 藤井フミヤ [CD-Single]



★藤井フミヤの消したい過去ENTAMERANKING
★高杢禎彦の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


話題の注目記事

Powered By 画RSS