TOPNEWS

2013年11月25日

能年玲奈の対応に大ブーイング!業界関係者から不満の声が…

    
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクした女優の能年玲奈。
あまちゃん効果でドラマ1話の出演ギャラは100万円にまで跳ね上がったと言うが、その能年玲奈の対応に関係者から不満の大ブーイングが上がっていると言う。
不満の声が上がっている能年玲奈の対応とは…→ ranking

能年玲奈【181】2013年カレンダー【カレンダーまとめ発送対象商品】《在庫切れ》

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
「FLASH」によると、大手広告代理店などが密かに作成している“ギャラ相場表”を公開。
最もギャラの高い女優は、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)主演の米倉涼子や、『あまちゃん』で注目を浴びた小泉今日子などで300万円。次に、『八重の桜』(NHK)主役の綾瀬はるかが250万円、篠原涼子が220万円、上戸彩・竹内結子が200万円と続く。

能年だが、壇蜜の70万円や、本田翼の60万円を大きく上回っており、ヒット作が1作品のみの若手女優としては破格。『あまちゃん』で共演した橋本愛と違い、イメージが下がるようなスキャンダルがないことも一因だろう。

「能年はブレイク以降、出演オファーが殺到し、相場が一気に高騰。しかし、事務所が仕事選びに慎重になっているため、『あまちゃん』以降に発表された女優仕事は、来夏公開のヤンキー映画1本のみ。スポンサー契約もまだ少ないですね」(芸能記者)

今が稼ぎ時とも思える能年だが、スポンサー契約はブレイク以前からキャラクターを務めるファッションブランド「Ne-net」(エイ・ネット)と、「カルピスウォーター」(カルピス)、10月からCMに出演しているお菓子「Natureve 果実Dolce」(アサヒフードアンドヘルスケア)の3社のみだ。

「『一発屋で終わらせたくない』という事務所の思惑も分かりますが、『能年的にNG』『能年のイメージと合わない』を連発し、過剰な予防線を張る事務所に、広告代理店などから不満も出ている。武井咲や剛力彩芽のように、世間から“ゴリ押し”と言われようが出続けるタレントのほうが業界内では評判がいい。案の定、能年は現在、“頼みづらい女優”と位置付けられています」(同)

能年の“出し惜しみ作戦”は、今後プラスに働くだろうか? 来年の活動に注目が集まりそうだ。(日刊サイゾー
◆磯山さやか(30)、週1、2回のおっぱいもみもみ体操でプルンプルン柔らかおっぱいをキープ
◆紗倉まながA●女優になろうとした経緯エ□すぎww
◆古田敦也の現在wwwwww 何があった?(画像あり)
◆BoAが劣化しすぎて気持ち悪い…【グロ画像】
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
【送料無料選択可】CM美少女U-19 SELECTION 100 2012 (玄光社MOOK)/玄光社(単行本・ムック)



★能年玲奈の消したい過去ENTAMERANKING
★能年玲奈の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 14:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする