TOPNEWS

2013年11月24日

スタッフが困惑した松嶋菜々子の現場でのワガママぶり!リハーサルで信じられない注文を…

    
2011年に放送された「家政婦のミタ」の大ヒットで、一時は下落していたCMギャラも5500万円まで跳ね上がった松嶋菜々子。
その松嶋菜々子のワガママぶりに現場関係者からヒンシュクの声が上がっている。
スタッフが困惑する松嶋菜々子のワガママぶり→ ranking

救命病棟24時 スペシャル2005 第1シリーズディレクターズカット特別版(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
    
「実は松嶋さんは『スタンドイン』と呼ばれる、リハーサル時の代役を務める役者に、ものすごく難しい注文をつけてくるんです。それは『自分より美しくない女性』というもの。スタンドインでの撮影は、照明を調整するために必要な作業なので、代役者はタレントと肌や髪の色、背格好など近くないと意味がありません。逆に顔の良し悪しはまったく関係ないのですが、万が一、顔以外が松嶋と似ているスタンドインしかキャスティングできない場合は、多少の違いがあっても、松嶋より見た目が劣る代役者をセッティングしなければならないんです」(制作会社関係者)

こうしたタレントや事務所サイドの注文は、業界では珍しくもない話だというが、松嶋の場合は特に気を使わなければならず、関係者もあきれているという。

「例えば、誰の目から見ても松嶋より見た目が劣る女性だったとしても、『松嶋より若く見える』『松嶋より足がキレイ』といったことにまでクレームがくるため、時には松嶋に似ても似つかぬ女性をキャスティングしなければならないケースもありました」(同)

これだけ聞くと、松嶋の自意識過剰な注文に批判が殺到しそうなものだが、芸能プロマネジャーいわく「むしろ松嶋本人ではなく、所属事務所が気を利かせすぎてしまっている可能性も」と語る。

「こうした注文をつけてくるのは、ほとんどの場合が事務所のマネジャーや社長なんです。もし松嶋の場合もそうだとすれば、本人にとって、ものすごく迷惑な話だと思いますよ。結局、矢面に立たされるのは松嶋自身ですからね」(同)

松嶋の女優としての威厳も大切かもしれないが、事務所関係者にはそれ以上に、周囲への配慮を優先してもらいたいものだ。(サイゾーウーマン
◆乳揺れ!生足!コスプレ!長澤まさみが、完全にえっち路線に振り切っている件
◆ダウンタウン浜田「明石家さんまは目が怖い、あの人だけはわからない」
◆【画像】この子(19歳)の乳房いやらしすぎwwwww
◆【動画】オーディションで両乳首ポロリしてしまう少女かわいそう過ぎ・・
◆芸能界暗黒史
百年の物語 第一部 愛と憎しみの嵐(DVD) ◆22%OFF!



★松嶋菜々子の消したい過去ENTAMERANKING
★松嶋菜々子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 14:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。