TOPNEWS

2013年11月08日

極右勢力が山本太郎に激怒!襲撃&暗殺計画に怯える山本太郎!

    
先日、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した行動に怒りの声が殺到している山本太郎参院議員。
その山本太郎が強気の会見から一転、突如謝罪を表明した。
山本太郎が態度を一転させた背景には極右勢力の存在が大きいと言う。
山本太郎が怯える襲撃&暗殺計画→ ranking

ひとり舞台 脱原発−闘う役者の真実

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
1日の騒動直後には、反省の色を見せなかった山本氏。
ところが5日に会見を開き「猛省している」と平謝りした。
山本太郎が殊勝な態度で謝罪した背景にはことの重大さに気付いたこと以上に警察から24時間警護され「襲撃」や「暗殺」の恐怖が頂点に達していたようだ。

1日の問題発覚直後、山本氏は陛下に手紙を片手で渡した点の非礼こそ認めていたが「現状を知ってもらいたいという気持ちがあふれた」と自身の行為の正当性を主張し、反省の弁はなかった。
それが心変わりしたのはなぜなのか?

事態が変わったのは1日夜だ。
山本氏は警察から警備対象者に指定され、暗殺や襲撃などの不測の事態に備えて24時間態勢で警備が張り付くようになったのだ。

それだけではない。
同日京都で行われた山本氏に近い関係者だけの会合ではフリー記者らにツイッターで「暴力団系右翼が襲撃に向かった」「愛知の暴力団系組織が京都入りした」と書き立てられたこともあり部外者とみられる男が押しかける騒動も起きた。

山本氏といえば、先の選挙中には原子力村やアンチ派からの襲撃予告や殺人予告で身の危険を懸念していたが、当時と比較しても警戒レベルは数段、しかも一気に跳ね上がった。

その結果、ここ数日は周囲の関係者も含め「いつ襲われてもおかしくないということか?」と常に張り詰めた空気に包まれていた。

参院議員会館前では、右派系団体が連日「山本議員は辞職せよ!」と抗議活動を続ける。
こうなると「一刻も早く陛下への不敬な振る舞いを正式に謝罪するしかない」と山本氏のみならず周囲の関係者が痛感するのも無理はない。
◆【朝ズバッ!】みのがいないから美馬ちゃんが安心しておっぱい強調谷間チラ!
◆高須クリニック院長の私服がマジキチすぎると話題にwwwwwwww (画像あり)
◆わずか3作で引退した伝説の美少女
◆3回連続で抜けるエ□画像集
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
映画 (Movie) / ツッパリ・ハイ・スクール1 武闘派高校伝 〔DVD〕



★山本太郎の消したい過去ENTAMERANKING
★山本太郎の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 21:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする