TOPNEWS

2013年10月21日

マツコデラックスの引きこもり時代

  
いまやテレビで見ない日はないくらいの人気者となったマツコデラックス。
毒舌な一方、温かみのあるキャラで人気のマツコデラックスだが、そのマツコデラックスが一時期引きこもりをしていた日々について告白した。
マツコデラックスの引きこもり時代→ ranking

マツコ・デラックス/マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ編

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
マツコデラックスが引きこもっていたのはゲイ雑誌『バディ』(テラ出版)の編集者を辞めた後、20代後半のころ。 実家へ戻ったマツコは約2年間の引きこもり生活を始める。 『バディ』時代の同期で、おネエ系映画ライターのよしひろまさみちさんはこう話す。「心配してた何人かが連絡を取っていたみたい。あたしも何度か“生きてるの?”ってメールしたけど、“ダメ”とか返ってきたことも」

引きこもり生活中、マツコは、自分より不幸な人を見つけて救われたい、と思い、数年ぶりに高校の同級生に連絡をとった。「今、何してるの?」「どこの会社で働いてるの?」「結婚してるの?」──それぞれの個人情報を聞き出しては、 部屋でひとり、年収や既婚といった要素から“幸せランキング”を作っていった。

最終的には60人以上のリストが完成。そのランキングの最下位にいたのは、他ならない自分だった。引きこもりは本格化した。雨戸は閉めっぱなし、部屋にはCoccoの歌が大音量でかかっていた。 マツコは彼女の歌に救われて、ギリギリの精神状態をなんとか保っていた。トイレ以外の時間はすべてベッドで過ごした。

そんなマツコを救い出したのは、死の淵から生還し、今なお闘病生活を続ける作家・中村うさぎさん(55才)だ。うさぎさんは、マツコの存在をゲイ雑誌で知り、引きこもり中のマツコに会いたいとアプローチ。対面を果たしたわずか3日後、2001年に発売された自身の対談集『人生張ってます』(小学館刊)の相手に、当時はまだ無名のマツコを抜擢した。うさぎさんは、マツコを「魂の双子」と呼んでいる。

<デブとか、ゲイとか、数々の負の要素を抱えて、葛藤を続けていたはずで、その業の深さが私と通じていたんです>(『AERA』2009年8月31日号)
対談では、2年間の引きこもりでうっ積したストレスを吐き出すように喋り続けた。1人の有名作家に認められたこと以上に、自分を理解してくれる人がようやく現れたことの幸せをその大きな体で感じていたのかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00000013-pseven-ent
完全に化け物!?デビュー当時のマツコgeinouranking
完全に化け物!?デビュー当時のマツコ→ entamereading
完全に化け物!?デビュー当時のマツコ→ gazouranking
◆モデルがオッパイの谷間に何か挟んで胸チラ連発!
◆【動画】TVで「自分がイク所(オーガズム)」を再現した美人女優
◆松本さゆきがイベントで生脱ぎして超ボイン披露
◆乳首が透けポッチしちゃってるエ□画像集めたったww
◆芸能界暗黒史
マツコの知らない世界 -極めすぎた男たち 篇-(DVD)



★マツコデラックスの消したい過去ENTAMERANKING
★マツコデラックスの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 14:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする