TOPNEWS

2013年10月13日

「未来の教祖様に」高島彩妊娠で嫁姑の宗教問題が再燃、泥沼化!

    
先日、妊娠6ヶ月を報告した高島彩。
結婚からちょうど2年での妊娠に業界内からは祝福の声が上がっている。
しかしこの妊娠が高島彩と北川悠仁の母親との確執に再び火をつけてしまったと言う。
高島彩妊娠で再燃した嫁姑の宗教問題→ ranking

K&T/君の好きなヒト   (CCCD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
かねてから伝えられているように、北川の母は宗教法人「かむながらのみち」の教祖で、交際中の頃から、高島の入信説が報道されていた。
入籍時には「かむながらのみち」総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式したほか、「結婚は悠仁が35歳になってから」など、母親のアドバイスを2人とも守り続けていたという。

「しかし以前には、高島が宗教活動を欠席したため、母親が激怒したと報道されたことも。10年の『週刊新潮』(新潮社)の取材に、北川のレコード会社関係者が、北川本人は宗教活動を行っていないとしており、教団も兄弟が後を継ぐと答えていましたが、高島が入信したかどうかは不明です。しかし、身曾岐神社の所有者は北川となっているし、高島がゆずの地元である横浜市の神社で行われた参拝に参加していたという情報もあります」(週刊誌記者)

こうした報道が相次いでは、やはり夫婦の宗教への関与がささやかれてしまうのも当然だろう。
「高島はマスコミ嫌いで有名で、プライベートの情報はほとんど出てこないだけに、それがかえって報道が加熱してしまう原因になっている」(同)という。

「『未来の教祖か?』と、早くも子どもの将来を案ずる意見が噴出する現状は、高島にとって非常にダメージが大きいはず。ミュージシャンである北川にはそれほど影響はないかもしれませんが、CMやレギュラー番組を多数抱える高島は、宗教が足枷になりかねない。本人もそこは理解していることでしょうが、義母が教祖であるということは世間にも知れ渡っているだけに、今後も嫁姑をめぐる報道は続出するでしょうね」(芸能ライター)

まずは元気な子どもを産むことに専念してほしいが、その後の高島のタレント活動や子どもの将来も、下世話ながらも気になってしまうところだ。(サイゾーウーマン
◆AKB北原里英の最新グラビア、乳首がくっきり透けている!
◆鈴木沙彩さんの猥褻画像・動画をUPした池永チャールストーマスの異常性
◆鈴木沙彩で画像検索した結果wwwww
◆【最強VS最強】今日の「徹子の部屋」がスゴすぎると話題にwwww (画像あり)
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
Early Morning/おいてけぼりのThirty(CD+DVD)(CD)



★高島彩の消したい過去ENTAMERANKING
★高島彩の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする