TOPNEWS

2013年09月23日

みのもんたが報道陣に逆ギレ!記者の質問に声を荒げ…

    
次男で日本テレビ社員の御法川雄斗が窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受け、当面、司会を務めるTBS系の『みのもんたの朝ズバッ!』など、報道番組への出演を自粛することを明らかにしたみのもんた。
そのみのもんたが自宅に取材に来た報道陣に逆ギレを…→ ranking

ココロが元気になる「感動ストーリー」 みのもんたの朝ズバッ!

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



次男の逮捕問題で報道番組への出演自粛を発表したみのもんた。
しかしバラエティ番組への出演は継続するとの発表に批判と不満の声が噴出している。
そんな中、みのもんたの自宅に取材に訪れた報道陣に対して逆ギレ。
報道陣の「引退はしないんですか?」という質問に声を荒げたと言う。

しかしみのもんたは2年前に一度、突然の引退宣言をしたことがある。
その引退騒動は神戸に拠点を置く非指定暴力団「二代目松浦組」系の民族派団体「大日本新政會」のブログに書かれた、みのに関する記事がきっかけだった。

この記事の内容を簡単に説明すると、みのが社長を務める水道メーター製造販売会社「ニッコク」が、03年に東京都発注の水道メーターをめぐる談合事件で東京地検特捜部に家宅捜索されたことで、右翼団体が抗議行動を起こした際、松浦組が“芸能界のドン”と呼ばれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長を通じて、みのから、抗議行動の沈静化および終息を依頼され、解決に当たったというものだっだ。

当時は、島田紳助が暴力団との関係を認め電撃引退した直後だが、そのきっかけも、紳助が自身に対する右翼の抗議活動の沈静化を暴力団に頼ったことだった。みのも同じことをしながら、自身の番組で紳助引退のニュースを扱っていたわけだ。どんな気持ちで、あのニュースにコメントをしていたのだろうか。

セクハラ疑惑や息子の問題からは逃れられても、暴力団をトラブル処理に使った事実は消せない。もはや、二枚舌を使うことは許されない。2年前の言葉通り、今度こそ引退すべきだ。(日刊サイゾー
◆真木ようこの手ぶらグラビアがすげえ!爆乳ダイナマイト!
◆加藤綾子 屈んだ瞬間に胸元全開お○ぱい丸見えハプニングww
◆【画像】 夏帆(22)がボイン谷間解禁www
◆【パズドラ】ギガグラのスキラゲが如何に簡単かが分かったわ・・・・
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
それでも僕は立ち続ける



★みのもんたの消したい過去ENTAMERANKING
★みのもんた次男の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする