TOPNEWS

2013年09月18日

はいだしょうこの過酷なNHK時代!薬漬けの日々を告白!

    
NHKの幼児向け教育番組「おかあさんといっしょ」でうたのお姉さんを務めたはいだしょうこ。
個性的な絵のセンスでも注目を集めているはいだしょうこだが、そのはいだしょうこが「おかあさんといっしょ」時代の過酷な生活ぶりを告白。
その壮絶な生活ぶりに驚きの声が上がっている。
はいだしょうこが告白した過酷すぎるNHK時代→ ranking

はいだしょうこ/CSキッズステーション はいだしょうこの”うたばこ” テーマソング:180°(ワンエイティー)(CD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



14日放送のTBS系バラエティ番組「ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」に、歌手・タレントのはいだしょうこが出演。うたのおねえさん時代の過酷な毎日を明かした。

子どもたちの人気を集める朗らかなイメージとは裏腹に、うたのおねえさんの日々はかなり過酷だったようだ。倍率600倍という難関をくぐりぬけ、うたのおねえさんに抜擢されたはいだだったが、最初の3カ月で1000曲もの歌を覚えることになったという。はいだは「1日10曲から12曲レッスンがあって、覚えて…」と話し、放送までの練習の日々を明かしている。

さらに、放送開始後のスケジュールもハードで「月、火、水で収録があって、木曜日が次の週のリハーサルで。金曜日が歌の録音があって、土日で地方に(『おかあさんといっしょ』の)コンサートに行く」と、一週間休みなく仕事を続けていたというのだ。はいだがうたのおねえさんとして活躍したのは2003年から2008年なので、実に5年間この生活を続けたことになる。

ネプチューンの名倉潤が「休みなしでそんなに働いて、身体壊したらどうするんですか?」と心配すると、はいだは「だからもう…薬まみれでした」と告白。
驚いた名倉に「うたのおねえさんが『薬まみれ』とかおかしい!風邪薬とかシップとかね!」とツッコミを入れられ、苦笑いしながら訂正している。

とはいえ、過酷だったことに変わりはないようだ。体調が悪くなり、病院に行くことになった時も子どもに「しょうこおねえさんだ!」と声をかけられると、「吐いて死にそうな時にも『あ、こんにちわ』てやらないといけない」と、私生活でも明るい「うたのおねえさん」のイメージを崩さないように気を配っていたことを明かした。

「薬まみれ」という誤解を受けかねない単語を使うことからもわかるように、はいだはバラエティ出演ではかなりの天然ぶりを発揮、「うたのおねえさん」としてだけではなく、その素顔でもファンを魅了し続けている。
http://news.livedoor.com/article/detail/8073573/
◆有村架純が真っ赤な紐ビキニで川遊び!伝説のグラビアで起死回生か?
◆【画像】 大橋のぞみさんが中学生に 絶望の子役がいい感じで成長してるとバカッターで話題に
◆ロンブー淳こと田村淳の歴代彼女一覧!女性関係凄いけどモテるのはなぜ?関東連合とか在日って噂もあるけど…
◆山口智充(ぐっさん)って何で干されたのww
◆芸能界暗黒史
はいだしょうこ&高橋名人/お魚のうた(CD+DVD)(CD)



★はいだしょうこの消したい過去ENTAMERANKING
★はいだしょうこの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする