TOPNEWS

2013年09月08日

内村光良が干された本当の理由!創価学会とのトラブルが原因ではなかった!

    
先日、妻である徳永有美の第二子懐妊が報じられたウッチャンナンチャンの内村光良。
2000年代初めの一時期、完全に干されていた内村光良だが、その原因は創価学会とのトラブルだと報じられていた。
しかしウッチャンが干された本当の原因はまったく別のことだという。
内村光良が干された本当の理由→ ranking

【スペシャるプライス】 ウンナンの気分は上々。 vol.1 尾道二人旅&初期の傑作選(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



内村はウッチャンナンチャンとして90年代に大ブレイク。
数々の冠番組を大ヒットさせてきた。

しかし2000年代初頭、その人気に陰りが見え始める。
冠番組は視聴率低迷などの理由で続々終了し、内村が単独出演し若手芸人との絡みが面白いと評判だった『内村プロデュース』(テレビ朝日系)も、05年に幕を閉じた。
その背景に、信仰熱心な創価学会員である女性芸人の逆鱗に触れたためだ、というウワサがまことしやかにささやかれたが、「ウンナンの時代」は90年代で終わっていたのだろう。

『内P』終了は、夫人との交際が公になったことも大きかった。
テレビ朝日アナウンサーとして『内P』アシスタントについた徳永と内村は、02年末から急速に距離を縮めほどなく交際をスタートさせるが、この時彼女は既婚者だった。しかも当時の夫は、テレ朝のディレクター。不倫を報じた写真週刊誌では、「徳永と内村のメールを旦那が発見し、激怒した」とも書かれた。徳永は『スーパーモーニング』のキャスターを務めていたが降板。夫とは離婚した。

それから2年が経ち、内村と徳永は05年に入籍したが、「不倫略奪婚だ」というバッシングも強かった。ウンナンのレギュラー番組が相次いで消滅してからも、内村単独出演による新番組はいくつも作られたが、どれも短命に終わっている。スポーツ紙や週刊誌は、「内村はもう終わった」「一線級のタレントには戻れない」などと書き立てていた。

しかしそのようなバッシングもおさまり、現在では6本のレギュラー番組を抱えている内村光良。
創価学会とのトラブルではなく、自らの不倫で仕事を干された反省を胸に、今後も衰えない活躍を見せてほしいが…(メンズサイゾー
創価学会の芸能人一覧表geinouranking
創価学会の芸能人一覧表→ geinoujinking
創価学会の芸能人一覧表→ entame ranking
◆今年も浅草サンバキタ―――!半裸の女性が踊りまくり
◆山本kid徳郁の現在が貧乏で切なすぎるwwwwwwwwwww(画像あり)
◆生々し過ぎる!『絶対にイカない女 VS 絶対にイカせる電マ』 対決動画がヤバイ
◆竹内由恵アナMステ卒業で後任は弘中綾香アナに!推定Bカップ・かわいいけど今年入社…コネか?
◆テレビでは流せない芸能界の怖い話
内村さまぁ〜ず vol.2(DVD)



★内村光良の消したい過去ENTAMERANKING
★ウッチャンナンチャンの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする