TOPNEWS

2013年07月14日

27時間テレビの企画内容が酷すぎると批判の声が殺到!

    
今年も8月3日から4日にかけて放送される恒例のフジテレビ「FNS27時間テレビ」
今年は「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日を作る」とのテーマで行われるが、その27時間テレビの企画内容が酷すぎると批判の声が殺到している。
酷すぎると批判殺到の27時間テレビの企画→ ranking

〜ラヴシーン外伝〜アナウンサー自作自演(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



「視聴率の低迷が騒がれているフジテレビとすれば、この27時間テレビをきっかけに何とか下半期に勢いをつけたいところでしょう。先日、新しく社長に就任した亀山新体制としての船出でもありますから、絶対に失敗できないと意気込んでいるはずです」(業界関係者)

この関係者曰く、「フジテレビが全精力を傾けて練り上げた企画」だという27時間テレビの番組内容。しかし、早くもネット上では、その企画がひどすぎるのではないかと話題になっている。

たとえば、制作発表が行われた当日、2ちゃんねるでは「今年のフジの27時間テレビが酷過ぎる」というスレッドが立ち上がっている。コメントを見てみると、「迷走しすぎ」「誰が見るんだ?」「企画が学生レベルw」など厳しい意見が多い。中には、「今時テレビを見ているやつに対してなら納得の内容」と、かなり上から目線の声も見受けられる。
なぜ、彼らは27時間テレビの企画を「ひどすぎる」と言い切るのだろうか。

基本的に、良い番組企画というものは、そのタイトルだけで、視聴者に内容を想像させるものだといわれている。そうした意味でいえば、今回、フジテレビが発表した企画は、それぞれ内容が具体的に想像できる。だが、27時間テレビの醍醐味といえば、生放送ならではのハプニングやサプライズといった面にあるのも事実だ。かつて酔っ払った末に下半身を露出してしまった笑福亭鶴瓶(62)の例を出すまでもなく、もちろんこれは放送事故であり演出ではないが、“予測不能な勢い”こそが27時間テレビの、しいてはフジテレビの長所だったハズだ。特にネットユーザーたちは、こうしたハプニングが大好物。彼らの「ひどすぎる」という意見には、まったく事件の予感がしない企画内容に対する失望があるのかもしれない。(メンズサイゾー
◆衝撃告白!今井メロ、元彼に「ハメ撮り動画をばらまく」と脅されていた!
◆タカトシが芸能界で生き残れた理由
◆芸能界ってすげえ怖いとこ・・・芸能人が2chに降臨し内情を大暴露・・・
◆彼女のハメ撮りを見つけてしまった…
◆矢田亜希子の悲惨すぎる今
◆テレビが封印する芸能人のヤバい事件史
ラヴシーン2000 フジテレビアナウンサー VOL.1(DVD)



★森三中の消したい過去ENTAMERANKING
★フジテレビの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする