TOPNEWS

2013年07月12日

武豊の人生を変えた伝説の名馬とのエピソード

   
有馬記念でのオグリキャップの奇跡のラストランで伝説を作ったジョッキーの武豊。
その武豊の人生を大きく変えたのはある一頭の馬だったという。
武豊の人生を変えた伝説の名馬とのエピソード→ ranking

「武豊を絶対に買うな!」 万馬券ドクター・Kのデータ診断 競馬最強のハンドブック / 万馬券ドクター・K 〔

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



オグリキャップの「奇跡のラストラン」で新たな伝説を作った翌年の91年、天才・武豊騎手に大仕事が舞い込んできた。それは「メジロ軍団」総帥の遺志であり、メジロ関係者の悲願「天皇賞父仔3代制覇」である。騎乗依頼を受けた天才に緊張感が広がった──。

前年の菊花賞馬、メジロマックイーンである。しかし、管理調教師の池江泰郎から騎乗依頼を受けた武の胸にひろがったのは、喜びではなく、緊張感だった。

なぜなら、この騎乗依頼は、84年に世を去った「メジロ軍団」の総帥・北野豊吉の遺志を実現させてほしい、という依頼でもあったからだ。その遺志とは、メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンによる、史上初の「天皇賞父仔3代制覇」であった。

北野が所有したメジロアサマは、70年の天皇賞・秋を制したのち種牡馬となるも、初年度は受胎馬がなくシンジケートが解散。北野はアサマを個人で所有し種付けをつづけ、誕生したメジロティターンが82年の天皇賞・秋を勝った。その仔による盾の父仔3代制覇に執念を燃やしながらも、マックイーンの誕生を前に世を去ったのだ。

重圧のかかる大仕事だからこそ、武が選ばれた。
だが、コンビ初戦の阪神大賞典をレコードで快勝しても、武は「絶対」の自信を持てずにいた。癖がなく、乗りやすいのだが、走りがどこか優しすぎるというか、淡白に感じられたという。このときのマックイーンには、「平成の三強」が持っていたような「凄味」がなかったのである。

にもかかわらず、91年4月28日の天皇賞・春を圧勝し、「メジロ」関係者の悲願だった天皇賞父仔3代制覇を難なくやってのけた。
「つかみどころがない」と言おうか、ゾクゾクするような強さを鞍上に感じさせないのに強烈なパフォーマンスを発揮する、ちょっと変わった馬だったのだ。

その後、旧7歳になったマックインーン。
普通なら衰えはじめるところだが、このレースで初めて、マックイーンは武に「凄味」を感じさせた。しかし、天皇賞・秋の直前に左前脚繋靱帯炎を発症し、引退することになった。

「最後のレースが一番強かったなんて、いかにもあの馬らしいですよね」
ともに大きな浮き沈みを経験してきた相棒を懐かしむように、武が呟いた。
マックイーンは2006年4月3日、奇しくも自身の誕生日に世を去った。(アサ芸プラス
◆衝撃告白!今井メロ、元彼に「ハメ撮り動画をばらまく」と脅されていた!
◆タカトシが芸能界で生き残れた理由
◆芸能界ってすげえ怖いとこ・・・芸能人が2chに降臨し内情を大暴露・・・
◆彼女のハメ撮りを見つけてしまった…
◆矢田亜希子の悲惨すぎる今
◆テレビが封印する芸能人のヤバい事件史
武豊対談集 頂上を駆ける 広済堂文庫 / 武豊 〔文庫〕



★武豊の消したい過去ENTAMERANKING
★競馬界の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 19:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする