TOPNEWS

2013年07月06日

モロゾフが中絶強要していた!安藤美姫の出産問題で新たな証言が浮上!

    
4月に極秘出産した娘の父親を巡り注目を集めている安藤美姫。
父親候補としては同じフィギアスケートの南里康晴、元コーチで恋人のモロゾフ氏の名前が浮上しているが、父親の正体は不明なままだ。
そんな中、モロゾフ氏が安藤美姫に中絶を強要していたとの決定的な証言が…→ ranking

空に向かって

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



妊娠発覚は昨年10月。彼女のアスリートとしての未来に期待していた周囲の人間は出産に反対し、彼女は中絶を勧められたが、「一生懸命話して」周囲を説得し、ソチ五輪を目指して復帰する前提で出産に臨んだという。

現在、安藤はプロフィギュアスケーターの南里康晴(27)と、安藤の実母、そして愛娘と一緒に、横浜市内のマンションに暮らしている。であれば、子供の父親は南里だろうと当然推測される。入籍せずにいる理由は、「安藤の母親が、『五輪出場まで結婚は認めない』と通達した」「南里の家族が反対している」などと書き立てられているが……。

4日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、「本当の父親は、南里くんではないはずです」との証言が飛び出している。これは、安藤の元コーチであるニコライ・モロゾフ氏の周辺関係者を取材して出てきたものだそうだが、この人物によれば、昨年の8月ごろ、モロゾフ氏は「ミキに子供ができたんだ。中絶してくれと頼んだのに、全然聞いてくれないんだよ」と取り乱し、困り果てていたという。さらに、11年には交際を解消していたものの、関係が完全に切れていたわけではない二人は、昨年6月にも逢瀬を交わしていたそうで、「その時に関係を持ったとすれば、子供の父親はモロゾフの可能性がある」としている。

だが、安藤本人は、昨年10月に妊娠が発覚し、今年4月に出産したと説明していることから、「8月にモロゾフが中絶を勧めて断られた」というのは辻褄が合わない。4月出産が事実だとして、妊娠37週0日以降の正期産だったとしたら、7〜8月に関係を持ったと考えるのが妥当だからだ。また、情報番組『ノンストップ』(フジテレビ系)の取材に対してモロゾフ氏は「出産は知らなかった」「自分は父親ではない」と回答しているが…(メッシー
モロゾフ氏のすさまじすぎる過去geinoureading
モロゾフ氏のすさまじすぎる過去→ entameranking
モロゾフ氏のすさまじすぎる過去→ gazouranking
◆癌のAV女優・麻美ゆまの現在がいろいろヤバすぎる…
◆男の興奮を煽るエッチな喘ぎ声
◆AKB48高橋みなみと山本彩の枕営業が発覚
◆木村沙織の私服がロケットおっぱいすぎる
◆【画像】エマ・ワトソン全盛期の ”お●ぱいポ口リ” エ口すぎだろ・・・
◆銭ゲバ 世間は知らない芸能人の狂った年収!!
空に向かって



★安藤美姫の消したい過去ENTAMERANKING
★モロゾフ氏の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする