TOPNEWS

2013年05月11日

図々しすぎ!酒井法子の身勝手な注文にマスコミも激怒!

    
覚せい剤取締法違反による逮捕から執行猶予も解け、芸能活動を再開した酒井法子。
その酒井法子の勘違い態度にマスコミから不満の声が上がっている。
マスコミを呆れさせた酒井法子の身勝手な態度→ ranking

のりピーと芸能界クスリ天国

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



酒井は執行猶予が終わった昨年11月、舞台『碧空の狂詩曲〜お市の方外伝〜』で芸能界に復帰。当時、記者会見では「表現する側に立ちたいという気持ちが大きくなった」とタレント復帰の思いを語っていた。またその時期には「週刊文春」(文藝春秋)の独占インタビューにも応じており、「会見では話せなかったこと」としてさらに赤裸々な告白を行っている。

「ところがこのインタビューを、酒井は相当不服に感じているようです。最近でも『インタビューを受けるのは構わないが、文春のような内容には絶対にしないでほしい』と、前もって伝えてくるのだそう。所属事務所が酒井を思いやって注文をつけているというわけでなく、あくまで酒井本人が『不都合な記事を作らないでほしい』と強く訴えているんです」(週刊誌記者)

「このインタビュー自体、マスコミによる酒井本人や元所属事務所・サンミュージックへの張り込みや直撃を抑えるため、嫌々応じたものだそうです。そんな仕方なく受けたインタビューにもかかわらず、話すつもりもなかった内容が記事になってしまい、それ以降の取材については、かなりナーバスになってしまったとか」(同)

そしてその結果、酒井はマスコミに対して「掲載OKなのは美談だけ。お涙頂戴にしてもらわないと困る!」という、相当強気な注文をつけるようになったのだという。

「こんな態度を続けていては、いずれはマスコミ側も引いてしまうはず。執行猶予期間は徹底して表舞台に出てこなかっただけに、ここにきて謙虚な姿勢を崩してしまうのは、少々もったいない気もします」(芸能プロ関係者)

舞台・ドラマと順調に元の芸能生活を取り戻している酒井だが、かつての栄光を取り戻すのは決して簡単な話ではないようだ。(日刊サイゾー

◆AKB横山由依の乳首が完全に透けてる!
◆東原亜希のデスブログがまたやらかしたああああああwww
◆川田亜子アナは在日谷口元一に殺された!!練炭自殺に見せかけた他殺
◆芸能人黒いトリビア 知られざる過去
◆【画像】佐倉綾音のEカップおっπでけええええええwwwwwwwww
【送料無料選択可】贖罪/酒井法子(単行本・ムック)



★酒井法子の消したい過去ENTAMERANKING
★酒井法子の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする