TOPNEWS

2013年04月12日

紺野あさ美が語った「モー娘時代」と「女子アナを目指した理由」

    
女子アナに転向してから3年目を迎えた元モーニング娘の紺野あさ美。
その紺野あさ美が『WBS就活応援プロジェクト』でモーニング娘。から女子アナとなった経緯について語った内容が話題になっている。
紺野あさ美が語ったアイドル時代→ ranking

アロハロ 紺野あさ美 DVD(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
    
4月4日の『Facebook「WBS就活応援プロジェクト」』では、紺野アナの談話が紹介されている。
2001年に「LOVEオーディション21」に合格してモーニング娘。となった紺野あさ美。
2011年4月1日からはテレビ東京に入社して、女子アナの道を歩み出したのである。

同期の高橋愛、小川麻琴、新垣里沙はモー娘。を卒業しても舞台などで活躍するが、紺野はモー娘。以外の芸能活動へは関心がなかったそうだ。中学校の時によく聴いていたモー娘。の楽曲『SAY YHEもっとミラクルナイト!』がきっかけでオーディションを受けた彼女は、「目指していたのはアイドルではなく、あくまで“モーニング娘。”という存在」だったという。

それゆえに、モー娘。を卒業してからハロプロアイドルやそれ以外のタレント活動を続けることに違和感を持ったのである。悩んだ結果、選んだのが女子アナという選択肢だった。
小学生の頃にアトランタ五輪で銅メダルを取った、女子マラソンの有森裕子選手の「自分で自分をほめたい」という言葉に感動した彼女は、そんな言葉を人々に届けるアナウンサーという仕事に興味を持った。そんな経験が後に女子アナ志望につながるのだ。

中学生でモー娘。となり芸能界に入った彼女が、なぜそこまで険しい道を進むことができたのか。「アイドルとしては“劣等生”だった」という体験がその原点にあるようだ。紺野はモー娘。のオーディションで審査員から「君は赤点合格だよ」と言われた。その状態から周囲に遅れずついていくのは大変だ。

「本当に大変な毎日でした。でも、いつでも絶対に諦めないという気持ちを強く持っていたことで何とか乗り切ってこれた」と彼女は当時を振り返る。“アイドル劣等生”だったことで、諦めないことを身をもって学ぶことができたのだ。それが卒業後の受験勉強や就職活動でもいかされたのである。(TechinsightJapan

◆これ見ても揉みたいと思わないの?エロ過ぎるゆきりんのおっぱい』
◆古舘伊知郎が『報道ステーション』以外に出演しない理由
◆今年入学した処女女子大生も夏までに彼氏作りこんな濃密SEXするんだろうな
◆【画像あり】AKB48横山由依がち●こ握ってる画像が流出
【送料無料選択可】モーニング娘。/モーニング娘。コンサートツアー2006春〜レインボーセブン〜



★紺野あさ美の消したい過去ENTAMERANKING
★紺野あさ美の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


話題の注目記事

Powered By 画RSS