TOPNEWS

2013年04月08日

中島知子と父との複雑な関係!幼少期から続く深い確執

    
先日、家族や所属事務所に無断で突然のテレビ復帰を果たした中島知子。
松竹芸能からの退社とオセロ解散を宣言した中島知子だが、その中島知子の複雑な父子関係が話題になっている。
父に対する幼少期から続く深い確執とは…→ ranking

NDS Othello オセロdeオセロDS(ゲーム)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
京都出身の中島は、貿易会社社長の父親と専業主婦の母親の間に、3人きょうだいの長女として生まれた。2才下の弟と、6才下の妹がいる。父親は教員免許を取得していて、地元では厳格な人物として知られた。中島もかつて、インタビューでこう語っている。

<女の子って中学くらいになると理髪店じゃなく美容院に行きたいじゃないですか。そんなときでも“おしゃれせんでええ”と、取り合ってくれない>

ときには、手をあげられることもあった。
「知ちゃんが、箸の持ち方が悪かったり、挨拶ができなかったりすると、お父さんからビンタされてましたよ」(実家近所の住民)

厳格な父親から躾られた中島は、小中高すべてで、学級委員を務めるほどの優等生になった。大学は京都精華大学に進学した。このときの門限は午後10時。しかし大学生ともなれば、さすがに、門限を破ることも多かった。ある冬の日にはこんなことがあった。

「夜の10時半くらいに知ちゃんのお父さんの大きな声が聞こえてきたんです。“だらしない子に育てたつもりはない!”って。知ちゃんは、家に入れてもらえなかったみたいで、外で震えてましたよ」(前出・実家近所の住民)

そんな父親は一方で、妹には中島と全く違う態度で接していたようだ。
「妹さんには“欲しいものは何でも買ってあげてる”って、お父さん言ってました。ビンタもされなかったみたいで、知ちゃんは、“妹はめちゃくちゃ依怙贔屓されてる”なんてよく愚痴ってましたね」(前出・実家近所の住民)

中島は、そんな父親から逃げるかのように、1993年に松嶋尚美とオセロを結成し、上京。父親は当然のように猛反対したという。しかし中島は、初志を貫徹。お笑い芸人の道を突き進み、オセロはバラエティー番組に引っ張りだこの売れっ子芸人となった。多忙の彼女は実家に帰らず、親族の冠婚葬祭も仕事を理由に出席を断った。それゆえ、父娘の溝は深まるばかりとなった。(NEWSポストセブン

◆朝起ち誘発!朝から鈴木ちなみのおっぱいブルンブルン
◆【裏の顔】AKB48柏木由紀の握手会での態度悪すぎ
◆【閲覧注意】福島で咲いてる花がヤバいwwwwww  (画像あり)
◆篠田麻里子が大炎上!!酷すぎるその実態が話題に
三年身籠る(DVD)



★中島知子の消したい過去ENTAMERANKING
★松嶋尚美の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする