TOPNEWS

2013年03月21日

マネージャー残酷物語!わがままタレントのマネージャーの人には話せぬ苦労秘話!

   
公私両面でタレントを支えるマネージャー。
しかしわがままなタレントの担当になると何かと苦労も多いようだ。
そんなマネージャーたちの人には話せぬ苦労秘話をご紹介。
残酷すぎるマネージャーの苦労秘話→ ranking

【送料無料選択可】井上真央/十五の夏に

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
◆鈴木紗理奈
「タレントの鈴木紗理奈(35)は結婚してからは落ち着きましたが、かつては遅刻魔。寝起きのまま楽屋に入るから、髪の毛は寝癖がついている。だから、楽屋に入ってから髪の毛を洗う。マネジャーは文句一つ言わずにシャンプーとリンスを常に用意していました。大したものですよ」

◆井上真央
「都内の狭い通りでロケをしている時、撮影中はもちろん通行止めにしておくのですが、休憩中は歩行者を通すじゃないですか。たまたま井上のそばを自転車が通り抜けたら、ぶつかるような距離でもないのに、マネジャーが『危ない!』って、井上を覆い隠すんです。政治家のSP並みの瞬発力でしたよ。それで、我々に『困るよ!』と文句を言ってくるんです。もちろん、あとでこっそり『そうしないと、井上の機嫌が悪くなるから‥‥』と謝ってくるんですから、頭が下がります」

◆その他
「タレントから『生理用品がない』と言われれば、恥を忍んで買いに行く。『温かいものを食べたい!』と注文されれば、テレビ局の社員食堂から、持ち出し禁止でもこっそり持ってくる。我々が恥をかいたり、怒られれば済む話です。タレントを好きだ、嫌いだなんて言ってられません」
MUNEHIRO/REQUEST 4 U (UMCF-5079)



★井上真央の消したい過去ENTAMERANKING
★井上真央の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする