TOPNEWS

2013年03月15日

チェッカーズ高杢が大ヒンシュク!名曲を汚す暴挙に怒りの声!

    
元チェッカーズの高杢禎彦の「暴挙」に一部のファンから大ブーイングが巻き起こっている。
過去にはチェッカーズの内情を暴いた暴露本を出したことからチェッカーズメンバーを二分する騒動を起こした高杢禎彦だが、その高杢禎彦がまたしても問題行動を…
ファンが激怒している高杢の暴挙→ ranking

チェッカーズ/EARLY SINGLES CD

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
J2ギラヴァンツ北九州の激励会に元チェッカーズの高杢禎彦(50)がスペシャルゲストとして登場した。

社長の挨拶、監督や選手の紹介などが終わった後、高杢が登場。ギラヴァンツ北九州の応援歌を歌い終わると、司会者が「せっかくお越し頂いたので」とチェッカーズ時代の“あの名曲”をリクエスト。

すると、高杢は後ろに並ぶ若い選手たちの顔を見て、「知っているかな〜?」と笑みを浮かべたが、その直後、司会者から「選手はこのあと準備がありますので」という痛烈な一言があり、結局、柱谷幸一監督以下全選手は退散していってしまった……。

とはいえ、この事態にも、司会の「チェッカーズ世代なんで」という一言に、「本当!?」と高杢のテンションも急上昇。監督・選手の代わりに登場した藤吉信次も、「チェッカーズ世代です」と高杢を盛り上げた。

チェッカーズのリードボーカルは藤井郁弥(現フミヤ)で、高杢は低音コーラス担当だったが、この日は「高杢バージョン」でチェッカーズのデビュー曲『ギザギザハートの子守唄』を歌いあげ、曲の最後には「ゲッツ!」と叫んだ。(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20130309_175478.html

しかし、これに対して一部のファンからは非難の声が。
「なんでゲッツ?」「名曲を穢された感じ」「高杢にはチェッカーズの曲は歌って欲しくない」など厳しい批判が…
Ballade Selection 2 / チェッカーズ [CD]



★高杢禎彦の消したい過去ENTAMERANKING
★チェッカーズの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする