TOPNEWS

2013年02月15日

嫌いな女優で剛力彩芽、上戸彩、武井咲が上位に入った理由


「週刊文春」が毎年調査・公開している「好きな女・嫌いな女」ランキングが今年も発表された。昨年同様に対象を「女優」にしぼり、同誌の公式メールマガジン会員のうち1,600人が回答したという今回だが、「好きな女優」トップは綾瀬はるか、2位は吉永小百合と昨年と変化はなかった。だが昨年5位だった松嶋菜々子が10位に落ち、昨年はランクインしていた蒼井優や長澤まさみ、尾野真千子、新垣結衣、竹内結子、中谷美紀の6名が「好きな女優」BEST15の選に漏れるなど3位以下は波乱模様だ。
一方、「好き」よりも注目度が高いのは「嫌い」な女優。
ここで上位にランクインした剛力彩芽、武井咲、上戸彩だが、彼女らが躍進した背景にはある共通した理由があるという。
剛力彩芽・武井咲・上戸彩が上位に入った理由→ ranking

CL-67 剛力彩芽 2012年カレンダー

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
    
「嫌いな女優」で39票を集めて、小雪に次ぐ4位に座った剛力は、前回12位から大幅に嫌われ度が増してしまった。コメントでも主婦が「演技もうまい訳ではないし、特別可愛くもない。どの世代に支持されているのか謎」とピシャリ。確かに「人気」よりも先にメディア露出が増えすぎてしまったことから、彼女は所属事務所・オスカーがメディアに圧力をかけてゴリ推ししているともっぱら。

「ドラマ出演にCM、映画と引っ張りだこのように見えるのも、実際は猛烈な売り込みとギャラの安さでネジ込んでいる。でもそれは剛力さん本人のせいではないから、ここまで嫌われるのはさすがに気の毒です。7位にランクインしている武井咲も同様。さらに8位に上戸彩、9位に米倉とオスカーの推している女優が軒並み“嫌われ”に入っている。強引なプッシュ方法が時代にそぐわないことを意味していると思います」(芸能記者)

ただ現在放送中の剛力主演ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』は、第5話までの平均視聴率が12.4%と及第点を獲得中。武井は昨年3シーズン連続でドラマ主演をこなしたが、それぞれの平均視聴率がどれも一桁台と低かった。
『Wの悲劇』(テレビ朝日系)9%、『息もできない夏』(フジテレビ系)9.8%、『東京全力少女』(日本テレビ系)7.6%という結果に終わっているのだ。当然、主演女優の肩に視聴率の全責任がかかっているわけではないが、この成績を見る限り、一昨年から続いた武井の過剰な露出が視聴者に嫌悪感をもたらしたことは疑いようもない。

新人女優は鮮度も大事だが、フレッシュなうちにコキ使われてあっという間に老け、潰れてしまうケースは過去に何人もあった。奇跡的に復活した長澤まさみは稀有な例だ。剛力彩芽や武井咲が長く芸能界で活動していくつもりならなおさら、慎重に仕事内容を選び、綿密なイメージ戦略の下で手をかけ育てていく方が良いのではないか。「嫌いな女優」上位にランクインするタレントとなってしまった今ではもう、遅すぎるかもしれないが…(メンズサイゾー)
http://www.menscyzo.com/2013/02/post_5414.html
武井 咲 CD [恋スルキモチ] 11/12/14発売  通常盤



★剛力彩芽の消したい過去ENTAMERANKING
★武井咲の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする