TOPNEWS

2012年10月28日

AKBで干された人気メンバーのその後

     
グループの中心的存在だった前田敦子の卒業や、指原莉乃の彼氏発覚、合コン報道などのスキャンダル連発にも動じることなく、毎日のようにメディアに出ているAKB48。母体が大きくなるにつれて、メディア選抜でAKBの顔として活躍するメンバー以外の、いわゆる「干されメンバー」の活動が実を結びつつある。
AKBの干されメンバーたちの奮闘ぶりは…→ ranking

AKB48総選挙公式ガイドブック2012

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
    
現在のAKBのシングル曲は、ただでさえ少ない20名前後の定員に、名古屋のSKE48や大阪のNMB48の中心メンバーも入れて選抜されている。
すると当然、この「選抜に入れない」干されメンバーから出てきているのである。

その代表例が、元チームKキャプテン秋元才加。
歌唱力はAKBでも1位2位を争う実力者であり、バラエティでも高いスキルを発揮する
AKB大ブレイクの功労者の一人だが、秋元康氏から「中高生をイメージするAKBのシングル曲ではもう選抜には選ばない」と通達され、総選挙でも20位で選抜入りはできなかった。しかしながら、舞台『ローマの休日』で「文学座」の荘田由紀とWキャストで主演、NHKのドラマでも主演を果たすなど、女優としての評価を地道に高めている。

また、秋元とともに、ダンスヴォーカルユニットDiVAを結成している増田有華は、加入直後からずば抜けた歌唱力を持ち、ルックスも悪くもないにもかかわらず、ブレイク直前に選抜メンバーから外されてしまった干されの代名詞的存在。ところが、その間にさらに歌唱力を洗練させ、なおかつダンススキルや演技力まで磨き上げた結果、宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演に抜擢されるに至った。宮本氏はもちろん、共演の森公美子や陣内孝則らにも大絶賛されている。

研究生から正規メンバーへの昇格に2年半もかかり、後輩にも次々抜かれていった苦労人だった大家志津香は、じゃんけん大会以外は選抜経験が一度もないメンバーであるが、テレビのバラエティ番組での独特の存在感が評価され、AKBでも数少ないゴールデン番組のレギュラー枠を持っている。単独で民放のゴールデン番組に出ているのは『ほこ×たて』(フジテレビ系)の大島優子と『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)の大家のみだ。

AKBをアイドルユニットとしてみれば、落ち目だとか、メンバー間でも推されだ干されだといろいろな問題も出てくるかもしれないが、こうして「プロジェクト」として見れば、様々な可能性がまだまだ存在していることに気づくだろう。ただ、劇場でのチーム公演は2010年以降新しいプログラムを更新しておらず、公演そのものにマンネリ感が漂っていることは否めない。今後さらなる可能性を広げるためには、新公演のお披露目がマストだろう。(メンズサイゾー)
http://news.livedoor.com/article/detail/7019010/
【送料無料選択可】AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・ 公式ガイドブック/AKB48(単行本・ムック)



★AKB選抜メンバーの消したい過去ENTAMERANKING
★AKB干されメンバーの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


話題の注目記事

Powered By 画RSS