TOPNEWS

2012年10月15日

SMAPの哀れすぎる不遇時代

    
今や国民的アイドルグループとなったSMAP。
何の苦労もなくここまで来たと思われている彼らも、デビュー当時はかなり苦労していたようだ。SMAPのリーダー中居正広が、今では考えられない下積み時代をあるテレビ番組で語った。
SMAPの哀れすぎる不遇時代→ ranking

SMAP/BIRD MAN SMAP 013(CD) ◆15%OFF!

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
10月からの新番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)。この番組のMCを務める中居正広が、SMAPの下積み時代を明かした。当時を振り返り「苦労だとは思ってなかった」という中居であったが、その内容は今のSMAPからは想像出来ないものであった。

デビュー当時は、デパートの屋上でアンパンマンショーなどの後にSMAPのライブを行うことも多々あったという。俗に言う“営業”である。ライブでは客席の半分も埋まらないことが多かったそうだ。全然チケットが売れず、1日2回公演をすると1回目に来ていたお客さんしか来ていないことがほとんどだったと語る。だが、その頃にはすでにテレビのレギュラーを抱え、紅白歌合戦にも出場していたのだ。今と違って、テレビに出ているからといって売れているというわけではなかったようだ。

このような不遇の時代を経験したが、「テレビには出られるし、出来ないのにレギュラーを持っていたりする」と売れていなかったわりに環境には恵まれていたと話す中居。この状況について、「ジャニーズって会社はデカい」と自らが所属するジャニーズ事務所の力をまざまざと見せつけられたと感じている様子であった。

SMAPのような国民的アイドルにも、不遇の時代があったのかと感じるエピソードである。しかし、下積み時代を苦労と思わず楽しめることが出来たからこそ、SMAPが今でもトップアイドルとして君臨しているのだろう。(TechinsightJapan)
http://news.livedoor.com/article/detail/7037965/
SMAP/心の鏡/ZIGZAGバック・ストリート(CD) ◆15%OFF!



★中居正広の消したい過去ENTAMERANKING
★SMAPの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする