TOPNEWS

2012年09月19日

カンニング竹山が語った相方の死

     
竹山とともにカンニングとして活躍した中島忠幸さん。
その中島忠幸さんの死から6年がたったが、カンニング竹山が中島さんの死について初めて公で語った内容が話題になっている。
カンニング竹山が語った相方の死→ ranking

カンニング竹山 単独ライブ『放送禁止 Vol.2』(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
     
「カンニング竹山単独ライブ『放送禁止2012』」が8月31日〜9月2日の3日間、東京・銀座にて開催された。相方である中島忠幸さんの訃報から1年後の2008年から始めて、今年で5回目を迎える。今回のテーマは「人の死と笑い」。「死と悲しみが時を越えて笑いになるのか?」という難題に挑戦した。今まで触れられてこなかった中島さんの死について、竹山がライブで初めて語ったのだ。

「カンニング竹山単独ライブ『放送禁止2012』」の劇作・脚本・演出を担当した鈴木おさむは、中島さんが亡くなった後しばらくして竹山にひとりでライブをすることをすすめたとブログ『放送作家鈴木おさむのネタ帳』に綴っている。その時に、鈴木は竹山と「中島君の話は(単独ライブを)5年やるまでしない!」とルールを決めたそうだ。そして5回目を迎えた今年、「人の死と笑い」をテーマして竹山はライブで初めて中島さんの死に触れたのだ。

舞台ではカンニングの歴史や2人の借金のこと、中島さんの死後、葬儀の費用や葬儀の際のハプニングなど、およそ2時間にわたり竹山はしゃべり続けたという。そのほか、初日のゲストで共演したアンジャッシュ・児嶋一哉はTwitterに「悲しい出来事を笑いにするのは、とても難しいし勇気がいると思う。竹山さんにしか出来ない、深くて愛のある笑いが満載の素晴らしいライブだった」と記している。

中島さんの死から6年。これまでその多くを語らない竹山であったが、今回のライブでは竹山自身もTwitterで「燃え尽きた」とつぶやいており、“死と笑い”という難しいテーマに真っ向から向かっていった様子がうかがえる。鈴木がルールを決めたとおり、中島さんの死をライブで語るにはやはり相当の年月が必要だったはずだ。今回のライブ成功は竹山のターニングポイントになったといえるだろう。(TechinsightJapan)
http://news.livedoor.com/topics/detail/6922575/
カンニングの思い出づくり(DVD)



★カンニング竹山の消したい過去ENTAMERANKING
★カンニング竹山の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする