TOPNEWS

2012年08月23日

黒木瞳娘の鬼畜イジメの実態!男子生徒に2万円を払ってレイプを依頼していた!

     
名門校の青山学院中等部で起こった壮絶な少女暴行事件で、大物女優Kの女優生命が危うくなっている。
事件が起きたのは今年の5月。
大物女優Kの娘と仲間の女子生徒3名が男子生徒2名を2万円で買収。
別の女子生徒をレイプするように依頼したという。
大物女優Kの娘はこの事件の主犯格とされ、今後の展開次第では大物女優の芸能生命にも致命的な影響が出そうだという。
大物女優Kの娘が起こした凄惨イジメの一部始終→ ranking

もう夫には恋はできない

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
    
一部週刊誌で先に報じられた、女子生徒らが男子生徒に金を渡して起こした暴行事件で、主犯格の女子生徒Aが“大物女優の娘”と伝えられているのだが、これが宝塚出身の大物女優Kの娘だともっぱらなのだ。

複数の週刊誌が報じた記事によると事件は5月、2年生のAと仲間3名の女子生徒4名が、男子生徒2名を2万円で買収。同級生の女子生徒に対しレ○プするよう依頼し、男子生徒は女子生徒をトイレ個室に追い込み、そこへ押し入って服を脱がし動画で撮影したという。結果、男子生徒1名は退学処分となったが、もう1名と女子生徒らは直接手を下したわけではないとして、数日間の停学処分で済んだ。
凄惨イジメのさらに詳しい状況はこちらからGazouranking
凄惨イジメのさらに詳しい状況はこちらからEntamereading
凄惨イジメのさらに詳しい状況はこちらからGeinouranking

しかし、これに反発したのは、ほかの生徒の親族らだ。ある女子生徒の父親は筆者の取材に対し、次のようなコメントをしている。

「男子生徒に指示したというAさんが数日の停学処分というのは、あまりに軽すぎる話。Aさんの母親が有名人だからなのか、多額の寄付金を受けてきたからなのか、学校側がそれで配慮したのなら、まるで共犯者でしょう。男子生徒は2万円をもらって事件を起こし、学校側はもっと大きなお金を受け取って事件を隠蔽しようとしているようなものでは?」

主犯格Aについて関係者に取材したところ「Kの娘が」と、Kの名前が当たり前のように飛び交っていた。実際、Kの娘は同校に通学しており、これまでも禁止されている自家用車での送迎や、仕出し弁当を持たされての通学などが伝えられてきた。

保護者会では学校側が「スカートめくりの延長レベル」と教員が説明したという話があり、これらについて学校側に問い合わせたところ「取材には応じられない」としているが、このままやり過ごせば、逆に問題が拡大する可能性はある。

主犯格の女子生徒がKの娘だとした場合、当然ながらKへの仕事の影響は出てくる。広告代理店の関係者は「タイミング的にも、ちょっとまずい事態」と話し、テレビ関係者も「皮肉にもKさんは現在、スクールドラマで校長兼理事長役を演じていますが、最悪、途中降板もありえるのでは?」としている。

被害はイジメというより暴行事件であり、今後の展開次第ではKの女優生命を脅かしかねない。 (日刊サイゾー)
http://www.cyzo.com/2012/08/post_11268.html
ひとみごちて黒木瞳 阿修羅のごとく



★黒木瞳の消したい過去ENTAMERANKING
★黒木瞳の娘の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:16 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする