TOPNEWS

2012年07月20日

デヴィ夫人が潰されない理由

     
先日、滋賀県大津の中学校で起きたイジメ自殺事件に関し、加害者の少年の実名や顔写真をブログに掲載し、物議を醸したデヴィ夫人。
こんなにも過激な行動を起こしながらデヴィ夫人が干されない背景にはこんな事情があるという。
デヴィ夫人が潰されない理由→ ranking

【ビザンテ ソワ スクラブ(化粧落し)】美しさは世界レベル!デヴィ夫人こだわりのスキンケア!ライチやマリンコラーゲン、プエラリア等一流の美容成分配合。

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
     
物心ついた時から、この人は女性週刊誌を賑わせる人だった。
女性誌などは、ネタが尽きるとデヴィさんのところへ行って、派手なお宅を紹介したり、上流階級の話(ほら話みたいな)をお伺いしたりする。結構視聴率が稼げるのだ。でも、恐らく世間の人々は、デヴィさんをセレブというよりは、パンダか何かのような珍獣扱いをしてきたと思う。

どうやってそんな贅沢な生活を40年もすることが出来たのかは知らないが、デヴィ夫人は今も元気だ。そして、凄く変わった言動を繰り返している。

昨年11月には『皇太子位を秋篠宮文仁殿下へ移譲』の署名運動を開始している。皇太子は退位したうえで、雅子妃とは離婚すべきだそうだ。怖いものなしである。

今、話題の大津市のいじめ事件では、恐らく有名人でただ一人、加害者やその家族の実名をブログに上げ、攻撃している。ただ、その中で別人が混ざっていたことに気が付くと、率直に謝っている。悪気はないのだ。

昨日、「明日 重大な 報告を致します」と予告した。
果たして、それはただの「メルマガ始めます」の告知だった。

その後は、大津市いじめ事件に戻って、今回は被害者の実名を明らかにしている。
彼女なりに、非常に熱心に被害者の支援をしているのだが、実名をさらされては被害者の親もたまらないところだろう。

一部の激しいバッシングを受けながらも、デヴィ夫人は生きながらえている。オピニオンリーダーを自認する彼女は、世間とは大きくずれた感性と理性で、言いたいことを言い放っている。

マスコミや世間が、きわどい発言ばかりをする彼女を潰さない理由はただ一点、「その方が面白い」からだと思う。
http://news.livedoor.com/article/detail/6766812/
リフレッシングフォーム(クレンジングフォーム)



★デヴィ夫人の消したい過去ENTAMERANKING
★デヴィ夫人の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする