TOPNEWS

2012年05月31日

AKB主要メンバー2人も生活保護を受給!週刊文春が報じた「2人の主力メンバー」の名前

    
次長課長の河本準一に続き、キングコングの梶原雄太の母親も生活保護費を受給していたことが発覚したが、今度は国民的アイドルグループ・AKB48の主力メンバーにも生活保護費受給者が発覚。そのメンバーが誰なのかが話題になっている。
生活保護費を受給している2人の主力メンバー→ ranking

【送料無料選択可】AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・ 公式ガイドブック/AKB48(単行本・ムック)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
     
AKB48主力メンバー2人の生活保護費受給問題を報じているのは「週刊文春」
「文春」によると4月下旬、河本問題を危惧した運営が「もし生活保護を受けている親族がいたら先に言ってくれ」とメンバー全員に通達。すると該当者が出て来たという。

(以下引用)
「その半数が研究生などの十代で収入も少ない子ばかりだったんですが、年収数千万円を超える主要メンバーの母親が過去にもらっていたことも発覚しました」
とはいえ、そのメンバーの場合、彼女がアイドルになる以前のことで、現在は受給していなかったため問題にならなかったという。

「実はもう一人、二十代で某グループのキャプテンを務めたこともあるメンバーの名前が挙がった。それは本人からではなく、ある関係者からの”タレこみ”で発覚しました」
そのメンバーとは、テレビや舞台で活躍するシングル選抜常連の一人。関東地方に住む父親は定職についておらず、飲食店や清掃業で一家を支えた母親も数年前から体調を崩しているという。
「体を壊し働けなくなった母親本人が、生活保護を受給できるかどうか、役所に相談に行き、受給が始まったそうです」(同前)

幼い頃から貧乏生活をしていたというそのメンバーは、アルバイトで学費を稼いだという逸話を持つ苦労人でも知られている。
当時のバイト仲間がこう振り返る。
「彼女はいつも『お腹空いたー』って言って、つまみ食いしては怒られてた(笑)。苦労していても、『貧乏暇なし!』なんて明るく言ってました。いつも早く仕事したい。安定した収入が欲しい』って言ってたから、まさかアイドルになるとは思ってもみなかった」
そんな彼女がAKBに入ったのも家族を支えるためだったという。

事務所関係者はこう語る。
「彼女の親族が生活保護を受給しているという話は確かに聞きましたが、その額は数万円で、あくまでご家族が体調を崩したためだということでした。全く問題視していません。しかも、この話はメンバー本人は知らないことですので、これ以上は我々も詮索する予定はありません。それに彼女の年収は五百万円前後で、河本さんのケースとはまったく違いますよ」(週刊文春)

これに対してネット上では2人の主要メンバーが誰なのかを特定する動きが。
アイドルになる直前まで生活保護を受給しており、シングル選抜の常連でチームキャプテンも務めた年収数千万のメンバーは「高橋みなみ」だとの予想が圧倒的。

一方の2人目は、幼いころから貧乏生活をして来た年収500万程度のメンバーは意見が割れているものの、ほぼこの人で間違いないのではないかと予想されているようだが…
2人目のメンバーGazouranking
2人目のメンバーEntameranking
2人目のメンバーGeinoureading
20円 カードくじ AKB48 (30付1束)

週刊文春の記事全文はこちらで見られます。
http://blog.livedoor.jp/livegems7799/archives/4023170.html
なんだか生活保護狩りみたいになってきましたね。
生活保護を受けている芸能人=悪みたいな風潮は良くないですね・・・
今回のAKBのケースはいずれも河本準一のような悪質さはありませんから、全く問題ないのではないでしょうか?しかも一人目はAKBに入る前の話ですから、それを今さら蒸し返す必要はないのではないかと思いますが…


★高橋みなみの消したい過去ENTAMERANKING
★秋元才加の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

posted by makoto at 08:29 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする