TOPNEWS

2012年05月12日

岡村隆史が語った休養中の生活が壮絶すぎる!一睡もできない日が一か月以上も続くなど酷い状態で…

    
精神のバランスを崩し、長期休養したナインティナインの岡村隆史。
その岡村隆史が休養中の生活ぶりを語ったことが話題になっている。
岡村隆史が語った壮絶な休養生活の実態は…→ ranking

てぃだかんかん海とサンゴと小さな奇跡

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
話題になっているのは月刊誌「サーカス」に掲載された、岡村隆史と志村けんの対談記事。
この中で岡村隆史が休養中の生活について赤裸々に語った内容が話題に位なっている。

(以下引用)
岡村さんは2010年6月から11月にかけて休養。病院で療養生活を送り、「地獄を見た」というほど辛かったと以前語っていた。具体的にどのような病気だったのかは明かされていないが、精神的なものだと見られている。

今回の対談記事でも、岡村さんは休養前後のことを話している。元々真面目な性格だったが、昔は「自分で何でもできるんちゃうか」と「勘違い」していた。一人で舞台をやろうと思い、寝ないで台本を書き直しているうちに一睡もできなくなり、そういう状況が1か月以上も続いた。

周囲に対しても「なんで俺ばっか頑張らなあかんの?もっと周りも頑張ってくれよ!」と思い、周りが協力しようとしても「自分でやれますから」と拒否していたという。

休養に入ったときは「もうたぶん芸能界に戻られへんやろうなと思ってたんですよ。正直、もう辞めようと思ってました」。
当時は、テレビでバラエティー番組も見ることもできなかった。しかし、自分のできないことが分かり、自分のできることをやろうと思った。「スベッたらスベッたでしょうがない」と考えられるようになったという。

かつては自分の番組は自分が頑張らないといけない、他の人が笑いをとったら、自分はそれ以上のことをしなければいけない、と思っていたといい、「自分がなんか思いついたときにバッターボックス立てばいいって思えるようになった。常にバッターボックス立つんやなくていいって、やっと分かったんです」と話している。休むことで、自分が一人ではないことに気付くことができた。こうして芸能界に戻って来られたことが凄く嬉しかったということだ。

復帰後も仕事へのストイックな姿勢は変わっていないが、「雰囲気が少し優しくなったかな」というが…(J−CASTニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/6535604/
無問題(モウマンタイ)(DVD)

とにかくまじめで完璧主義なんですね。
全てを自分でやらなければいけないと思ってしまったら無理が出ますよね。
性格は簡単には直らないでしょうが、気負わず、自然体で頑張って欲しいですね。


★岡村隆史の消したい過去ENTAMERANKING
★ナインティナインの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする